IMG_3438 IMG_4402

 

★概要

ZenSati Seraphim(セラフィム、XLR仕様)は、デンマークのZenSati(ゼンサティ)社が製造・販売しているインターコネクトケーブルであり、同社のフラッグシップモデルである。弟分であるCherub (チェラブ)、Angel(エンジェル)と共に、現在のZenSati社の中核ラインであり、Cherubの導体は銅線に銀メッキ、Angelが無メッキ銅線であるのに対し、Seraphimの導体が銅線に金メッキという仕様である

[価格]

国内価格:1,605,000円(1.0m)

[Specification]

非公開

[参考サイト]

ZenSati 製品ページ

[外見・取り回し]

ZenSatiのフラッグシップに相応しい、極めて煌びやかで美しい線体が特徴的。Seraphimの場合、見た目がゴールドである点もあいまって、CherubやAngelと比べても一層ゴージャスな外見になっている(どちらが美しいかは好みだろうが)。

取り回しは、同社のACケーブルに比べると気を使わない印象。両端部が曲げやすくなっているためだろうか。ちなみにXLRケーブルの場合、同軸とは異なりリードワイヤー部両端の細い部分を折り曲げずに取り回すのは不可能に近い(ちなみにSeraphim SPの方は、たまたま方向性がマッチしたため曲がらなかった)。無論、折り曲げたからといって音質が悪化するものではないが、外観が美しいだけに残念。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

音場型・微暖色系のケーブル。TRANSPARENT OPUSばりの音色的ハイバランスをバックボーンに、圧倒的な音場の広さとケーブルとしての汎用性(使いやすさ)を両立した、新たなる音場型の雄。ステージの広がりは各音像のメリハリ・実体感と引き換えにした個性であるが、音色面の癖・ストレスの少なさは手放しに評価できる。

今時、珍しいほど生粋の音場型で、圧倒的に広大なステージに圧倒的な量の情報をひとつひとつ的確に定位させるタイプ。音場の広がりについては他の追随を許さない。ライバル・STEALTH Sakraは無論、OPUSすらも凌ぐレベルで音場を広げると感じさせた、初のケーブル。左右の広がりも流石だが、実際に聴いて驚くのは上下感と遠近感。システムによっては、壁面が取り払われたかのような印象すら受ける。音場の広がりを優先される方にとっては、ベストな選択肢の1つだと確信している(本稿執筆時)。

各音像の厚み・密度感は、OPUSは無論、Sakraよりも控えめ。軽やかでリキッド。典型的な音場型のそれであり、ケーブルに音の重さや迫力を求める方には物足りないかもしれない。個々の像の力感・明瞭さというよりは、あくまでステージの一体感・スケール感で魅せる

ステージ展開への強烈なこだわりは、ともすれば昨今のニュートラル志向の潮流(Ex. STEALTH IndraSakra)に対する逆行とすら感じられるものだが、その力技を実現せしめている背景として、改めてSeraphim最大の強みである音色面のハイバランスについて言及する。

我々の知る限り、このSeraphimはOPUSと並び、ヴォーカルやアコースティック楽器の音色・空気感を最も忠実に再現してくれるケーブルである(本稿執筆時点)。その再現力は、いまや「自然派」の代名詞的存在であるJORMA DESIGNのPRIMEORIGO兄弟すら凌駕する(※)。誤解を覚悟で言うならば、Indraに対して「型」の次元でハイバランスなのがSakra、そして「系」の次元でハイバランスなのがSeraphim。SP・機器側にも相応の実力を求めるが、そのあたりが十分であれば殆どのソースに対応できる(後述)。

OPUSと比べると、Seraphimは音の透明感や音像描写の精度で劣るが、逆にステージ全体の空気感・生命感の再現では勝るだろう。真に妥協せず構築されたアナログサウンドのリアリティは何時、何処で聴いても脱帽ものだが、Seraphimを用いるとシステムがその「脱帽もの」に近づくかのようである。分かる方には分かるだろうが、アレグロ電源ケーブルに似た効能だ。

※本サイトでも以前、PRIMEORIGOを自然派として絶賛したが、Seraphimのサウンドを耳にした今となっては、いささか評価を改めざるを得ないと感じる次第である。恐らく、ZenSati Seraphim・Angel兄弟の日本上陸は、銅ケーブルの勢力図を塗り替えるであろう。

[基本性能]

基本性能総合:スーパーハイエンド

解像感:MAX

情報量:MAX

聴感S/N:4

情報コントロール力:5

周波数レンジ感:5

帯域バランス:4.5

汎用性:MAX

音の分離感:4.5

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

予めお断りしたいが、(あくまで筆者個人は)上のスコアのうち幾らかは、いささか不当なものと考えている。無論、複数のオーディオファイルが様々なケーブルを持ち寄り、実際に比較を行って出した結論であるから、スコアはスコアとして列記している。

が、少なくとも筆者はSeraphimの格・力量はTRANSPARENT OPUSに次ぐNo.2であると確信していただけに、いざ各要素をフォーカスした際の凡スコアには、些かショックを受けている。

これは明らかに、我々がOPUSPRIMEに代表されるようなニュートラル型のスーパーハイエンドケーブルを、スコアリングにおけるリファレンスとして認識していたことが影響している。Seraphimのような生粋の音場型は、サウンド全体の完成度と一体感で魅せるので、それを個々の要素に分解して評するのは時としてアンフェアなのだろう

ではまず、情報量に関して。情報量についてSeraphimは、OPUSSakraと並ぶ最高評価となっており、音像の解像感こそ劣るも(きちんと聴き込んだ結果、劣るものではないと再評価した。弟分のAngelのように一聴して自然で際立っている印象は無いが、ポテンシャルは最高レベル)、響きや余韻をも含む音数では勝る印象である。

次に、聴感S/Nについて。この点についてSeraphimは、OPUSは無論、ライバル・PRIMEにも水をあけられている。低S/N比の影響は、解像感、音の分離感、あるいは情報コントロール力にも波及するため、純粋に改善を期待したい。逆に、S/N感さえ改善すれば、情報コントロール力と解像感に関してはMAX値をキープし得る。

さて、些か不当な評価がなされているのが、音の分離感と帯域バランスの2要素。まず音の分離感に関しては、Seraphimはそもそも音場型であり、ステージの一体感によって魅せるタイプであるから、各音が全く分離される状況をよしとはしないOPUSGRYPHONのレベルで各音像の描き分けを徹底すれば、逆に音場のまとまりが失われかねない。

また、帯域バランスに関しては、システムのレベルに依存する部分が大きいので、主にSTEALTH Sakraとの比較から補足したい。ハイレベルなシステムで聴いた限りでは、Seraphimの周波数レンジはSakraとほぼ互角に広がり、全帯域に渡って繊細さや空気感も保たれ、つまり質的にも量的にもフラットに近い。が、低音域が貧弱なシステムにおいては、全体的に音の厚みや力感があるSakraのようなケーブルの方が「ハイバランスに聴こえる」傾向が強い。これは性能というより個性・聴かせ方の問題であるし、何よりSeraphimのスケール感に負けているシステム側にも責任はある。だが、本サイトは「音を聴いて判断する」をモットーとし、パワフルなものから貧弱なものまで複数のシステムでケーブルを運用しスコアリングするため、音場型を地で行き高等技術を突き詰めたSeraphimではなく、音場と音像のバランスを取りつつ「無難」な音作りをしたSakraに軍配が上がった。が、同時に、十分にハイレベルなシステムにおいては、SeraphimはSTEALTH Sakra並の帯域バランスを発揮し得ることも述べておく。

そして最後に、Seraphimの汎用性は上述した不安要素を補っても余りあるレベルにあることを述べたい。音色的なハイバランスについては既に説明したが、そういったミクロな話とは別に、サウンドステージを俯瞰した際に感じる格の高さとリアリティは強烈なものがある。昨今の日本は、出涸らしの茶の如きサウンドをしてノンカラーレーションを謳うケーブルで満ち満ちているが、このSeraphimは、オーディオ再生における真のノンカラーレーションとは如何なるものかという問いに対する1つの回答たり得ると、筆者には思えてならない。

兎にも角にも、この度のレビューは難しかった。筆者自身が、Seraphimは「百聞は一聴に如かず」だと自覚していたためである。優れたシステムをお持ちの方は、ぜひ1度レンタルしてみてはいかがだろうか。

[主な特徴]

Coming Soon.

[ポジショニング]

プリ・パワー間に配置した方が恩恵は感じられる印象だ。が、基本的にはポジションを選ばないので、具体的なシステムのバランスを考慮し、適切なポジションに使用するのがベストだろう。

[主な比較対象]

TRANSPARENT OPUS MM XLR(格上のライバル)

STEALTH Sakra XLR(ライバル)

STEALTH Indra V.10

JORMA DESIGN PRIME XLR(ライバル)

JORMA DESIGN ORIGO XLR

STAGE III CONCEPTS A.S.P. REFERENCE GRYPHON XLR