IMG_1561

【比較の概要】

 この度、知人よりG Ride AudioのWhite Devil 3sならびに2をお借りし、拙宅で数本のケーブルと比較試聴をさせていただいた。こちらのレビューは、White Devil 3s(ホワイトデビル)とNBS BLACK LABEL II(ブラックラベル2)の比較になる。

 G Ride AudioのWhite Devil 3sは、Stage iii Conceptsのリヴァイアサンとの比較でも述べた通り、筆者が聴いた中でも最も「好み」のケーブルのひとつ。サウンドステージの広がりと音の温かみを高次元で両立する数少ないケーブルのひとつ。その扱いやすさは際立っていて、今回の比較でも音の汎用性は際立った。

 対するBLACK LABEL IIは、よくも悪くも話題性のあるケーブルではないかと思う。一昔前は、国産のケーブルなどと比して頭一つ抜けた高性能が話題で、(その強烈な個性にも関わらず)かなりの人気があった。一方で、オフィシャルな代理店のKASTLE CABLEが非常識なディスカウントを行ったり、個体差や年式によるクオリティ差も噂されるなど、物議を醸す存在でもある。ちなみに拙宅にあるのは、ディスカウント前の初期モデル。それなりに使い込んでいて、音もこなれている。

 

【外見的特徴】

IMG_1555

IMG_1557

IMG_1558

 White Devil 3sは、白の被覆と細身のラインが特徴。その太さは、BLACK LABEL IIの両端部分とほぼ同じ。見た目に違わず、軽くて曲げやすいので、取り回しは容易

 BLACK LABEL IIは、White Devil 3sとは対照的で、黒く、太く、重い。両端が細くなっており、この部分を捻ることで脱着が可能だが、セッティングには工夫が必要

 

【総論(評価サマリ)】

 総論は、指標ベースでの評価サマリとなる。やや堅苦しい書き方やもしれないが、ご容赦願いたい(後述の、音源ベースの各論の方がこなれた文章だと思う)。

 まず、スケール感(音場の広がり)のお話。音場はWhite Devil 3sの方が、容積的に大きい。特に、奥行きが顕著(Magico Q3の音場を彷彿させる)。BLACK LABEL IIはむしろ、音像を前に出すことで、迫力を演出するケーブルである。左右もやはりWhite Devil 3sの方が広いが、奥行きほど顕著な差はない。

 次に、音の熱気(温度感)の話。電源ケーブル全体で考えると、どちらも暖色寄りのケーブルだが、White Devil 3sの方がより温度感がある。明るく、開放的な音。BLACK LABEL IIも、秘めたようなエネルギー感は相当だが、高音がやや硬質で暗め。主観だが、この2本については、高音域のクオリティ差がそのまま評価の差に繋がるように思う。

 スピード感(リズムの話。特に低音域)は、タイトに引き締まった低域のWhite Devil 3sと、量感豊かながらも滑らかな低域のBLACK LABEL II。パッと聴き、White Devil 3sの方がリズムが良さそうだが、きちんと聴くとBLACK LABEL IIの深く、制動が効いた低域表現に驚く(このケーブルの最大の特徴はここだろう)。

 続いて、周波数帯域のバランスと広がりについて。White Devil 3sはフラットな帯域バランスで、BLACK LABEL IIはピラミッドバランス。BLACK LABEL IIの方が、より低音域を強調する。高音域は、White Devil 3sの方が伸びやか。

 最後に音離れとノイズ感について。音離れは、White Devil 3sの方がよいように思う。音場が広いのと、各楽器の質感が素直に出ているせいだろう。BLACK LABEL IIは、良くも悪くもBLACK LABEL IIらしさを全ての楽器に与える。ノイズについては、聴感上はあまり差が分からなかった。BLACK LABEL IIの方が音を散らさない分、明暗のコントラストが明瞭なようにも聴こえるが、それをもってローノイズと評してよいかは自信がない。

 

【各論(音源ベース評価)】

 各論は、音源ベース評価となる。2種類のケーブルを入れ替えながら、曲や楽器がどのように表現されるかをレビューする。

Eiji-Oue-Minnesota-Orchestra-Exotic-Dances-From-The-Opera-SACD

 1曲目はクラシック。曲は、Tchaikovsky: Cossack Dance from Mazeppa。Reference Recordingsによるハイレゾ音源。圧倒的な躍動感と軽やかさ、そしてスケールの大きな表現が魅力的な音源。

 表現の方向性が異なる両者だが、この曲に関してはWhite Devil 3sの方がうまい。スケールのあるオーケストラであるため、音場の広さと音数の多さがものを言っている。また、アコースティックの脚色の少なさも特筆すべきだ。筆者のリファレンス音源の中でも、White Devil 3sが最も得意とする一曲。逆に、ヴォーカルの迫力とダークでスパイシーなテイストのBLACK LABEL IIとは、やや相性が悪いかもしれない

 ヴァイオリンは、White Devil 3sの方が伸びやかで艶っぽい。個性の問題もあるにせよ、クラシックで中〜高音域を担当する楽器全般について、素直で脚色がないという意味でWhite Devil 3sの方が相性がよいように思う。

 ティンパニは、筋肉質で締まりのあるWhite Devil 3sと、量感とクオリティの両立を目指したBLACK LABEL II。一聴するとWhite Devil 3sの方がコントロールが効いていそうだが、実はBLACK LABEL IIはかなり低い音までグリップしている(ゆえに低域はかなり深くまで聴感解像度を担保している)。凝縮感もあり、濃厚な音。

 管楽器については、Count Basie – April In Parisにて詳述する。

TheEagles_HellFreezesOver(CD)

 2曲目はロック。曲はEagles – Hotel California Live (Hell Freezes Over 1994)。アコースティックギターの多用を特徴とするライブ音源で、とても録音がよい。詳しい人間ではないが、筆者がこの曲から感じるのは歪み、危うさ、退廃といったイメージ。

 結論から言えば、BLACK LABEL IIの方がこの曲のイメージをよりリアルに再現する。硬質でややダークな高音と、陰陽のコントラストを感じさせる中高域が曲調に合っている。White Devil 3sは、明るく素直な音を出す。より正確なのはこちらかもしれないが、いささか健全すぎて物足りないようにも思われる。

 ドン・ヘンリーのヴォーカルは、BLACK LABEL IIの方がより鬱屈した印象だ。音像の厚みもあり、フォーカスされている印象。なかなかのグレっぷりで、迫力がある。White Devil 3sは、ヴォーカルが前にせり出すわけではないのと、やや女性的なテイストなので、BLACK LABEL IIほどの相性の良さはないだろう。

 ライヴ盤で際立っているボンゴドラムは、BLACK LABEL IIの方が存在感がある。凝縮されていながらも痩せておらず、厚みがある。ヴォーカル同様、BLACK LABEL IIらしさが良い方向に働いている。対するWhite Devil 3sは「らしさ」よりも正確性を追求しているように思う。

 最後に、ライヴ盤であるがゆえに入る、観客の発する微弱音について(拍手、声、擦れなど)。音の広がり、聴感解像度ともに、White Devil 3sの方がよい。広大なライヴ会場で録音している様子がわかる。温度感も高く、観客の熱気が伝わる点もポイント。

MI0000648477

 3曲目はジャズ。曲はCount Basie – April In Paris。前向きさ、明るさ、リズム(ノリ)のよさが魅力的な音源。

 Hotel Californiaとは対照的に、White Devil 3sの方が曲の「らしさ」が前面に出る。晴れやかなイメージ(あくまでパリの話なので、ベイシーが晴れやかな空をイメージしながら作曲したのかは分からないが、、)。BLACK LABEL IIも気温の高いイメージは出るが、同時にやや曇った印象かもしれない。

 また、White Devil 3sの方が全体のバランスが取れている点も特徴。オーケストラ同様、ビッグバンドの再現においてもWhite Devil 3sの音場の広さ、音離れのよさ、フラットな帯域バランスは加点要素。

 トランペットは、White Devil 3sの方がほぐれた音。温度感と潤いがあって聴きやすい。BLACK LABEL IIはやや硬質。BLACK LABEL IIの方が厚みもありトランペットの存在感は出るが、筆者は全体のバランスを重視したいので、加点材料とはしない。ちなみに、コルトレーンなどであれば、BLACK LABEL IIの方が「らしさ」が出るかもしれない。

 シンバルは、White Devil 3sの方が細やかで音になる。ほぐれていて、さらりと音が散る印象。BLACK LABEL IIのシンバルは厚みと密度感はあり、よく言えば粒立ちがしっかりしている。

 ドラムの連打は、それぞれの良さがある。リズム感重視なら、音の立ち下がりが速いWhite Devil 3sの方がよいが、量感と迫力重視ならBLACK LABEL II。ただし、ティンパニの時ほどの迫力は出ないから、筆者ならWhite Devil 3sを選択する。

 このように、全体の評価としてはバランス重視のWhite Devil 3sに分があるが、ことベースに関してはBLACK LABEL IIの表現はうまい。厚みがありながら聴感解像度も十分で、歯切れがよい。珍しいだろうが、ベースもしくはシンバルをメインにジャズを聴くなら、BLACK LABEL IIは良い選択肢。

51FlEWmpMvL

 4曲目もジャズだが、こちらは女性ヴォーカルものだ。曲は、Norah Jones – Don’t Know Why。伸びやかなヴォーカルが魅力的な曲であり、同時に、後悔や切なさといった女性的でウェットなテーマも含む一曲だと認識している。

 やはりWhite Devil 3sの方が、繊細で女性的なニュアンスの再現に長ける。と言うよりも、BLACK LABEL IIのサウンドは男性的でマッチョなので、正直に言えばこの曲には合わない。後ろ向きな感情表現はBLACK LABEL IIの方が得意かとも予想したが、屈強なイメージが先行しすぎた。

 ヴォーカルは、実在感を求めるならBLACK LABEL IIだが、ノラ・ジョーンズらしさを求めるならWhite Devil 3s。十中八九、後者の方が満足度は高いだろう。

 ピアノについては、White Devil 3sの方が綺麗。BLACK LABEL IIはややゴリゴリしている(かなり強めに鍵盤を叩いているイメージだ)。

 ベースについては、April in Parisのレビューと同様の評価。BLACK LABEL IIのベースは、絶品。

 

【あとがき】

 この比較は、筆者の知る中で最も個性的なケーブルの1つと最も癖の少ないケーブルの1つを比較したものだった。Wilson Audio MAXX3という、平均よりもややシルキーで繊細なスピーカーを鳴らすにあたり、BLACK LABEL IIのマッチョさがどう作用するか気になっていたが、やはり田口晃氏プロデュースのWhite Devil 3sが圧倒的なバランスの良さを見せつけたように思う

 田口サウンドと言えば、かつてBLACK LABEL IIとアレグロを比較したことがあるが、その時はいずれからも音(特に低音)の厚みや、ヴォーカルの迫力は感じられ、違いはむしろ高音の硬度にあったように感じたが、今回はプラス音場の広がりと帯域バランスについても違いを感じたように思う。田口サウンドは、より音場表現力を追求し、進化したように感じられた。

 G Ride Audio然り、NBS然り、引き続きの音の進化が楽しみな存在である。