IMG_1568

【イントロ】

 今回、知人からG Ride AudioWhite Devil 3sとWhite Devil 2をそれぞれ2セットずつお借りし、拙宅のケーブル数種類と聴き比べた。こちらは、White Devil 3sのレビューとなる。

 田口晃氏がテスターを務めたというアレグロのオーナーとしての経験から、筆者の田口サウンドへの信頼感は厚いものがある。ハイエンドにありがちな脚色を最小限に抑え、しかしながら歌手や奏者の醸し出す熱気をきちんと再現し、基本性能も高い。これをもって電源ケーブルの終着点とする人がいるのも頷ける傑作。アレグロとはそのような印象のケーブルである(機材でいうと、FM AcousticsとSpectralの間をとったようなサウンドだ)。これをプロデュースするのだから、田口さんという方は素晴らしい耳と音楽性をお持ちなのだろうと勝手な想像を膨らませたりもした。

 一方で、G Ride Audioというメーカーに対しては、あまり良い印象を持っていなかった。というのも、GEM-1というヘッドホンアンプを聴いた時、音の傾向は好みであったものの、性能面での費用対効果があまりよくないと感じたからだ。

 そんな背景があった上で、改めて今回の試聴に望んだ次第である。

【外見的特徴】

IMG_1565 IMG_1564

 ハイエンドに括られる電源ケーブルとしては、最も細い部類に含まれる(Nordost OdinやCrystal Absolute Dreamなどと同様)。取り回しも極めてよく、扱いに困るケースは稀だろう。

 

【前書き】

 全ての評価はあくまで、音の構成要素の細分化と、複数のケーブルとの比較の上で成り立つ。本レビューの評価内容はあくまで、他との比較において高頻度で見られた「White Devil 3sらしさ」を抽出し、記述したものである。より正確かつ詳細な内容は、他のケーブルとの比較レビューをご覧いただきたい。(リンクは以下)

G Ride Audio White Devil 3s vs. Stage iii Concepts Leviathan

G Ride Audio White Devil 3s vs.  MIT ORACLE AC1

G Ride Audio White Devil 3s vs. NBS BLACK LABEL II

 

【総評(音質評価サマリ)】

 ここ最近聴いた中で、最も感動したケーブルである(これは評価ではなく感想なのだが)。材料が調達できないと欠品になったりするようだが、是非いつでも&誰でも手に取れるようにしてほしいという願いも込めつつ、レビューしたい。

 White Devil 3sの特筆すべき点は、十分な基本性能を備えつつ、不必要な脚色も最小限に抑えている点である。主な長所として、

 1.音楽の熱気や温もりの再現力

 2.音場の広がり(前後・左右・上下)

 3.スピード、リズム感(音の締まりからくる立ち下がりの速さに起因)

 4.帯域バランスのよさ(フラット)

の4点が挙げられる。これらの特徴がゆえに、アコースティック(特に大編成)の再現を得意とする。筆者がリファレンスとして用いる音源で、クラシック(特にオーケストラ)やジャズ(ビッグバンド)があるが、いずれにおいても威力を発揮した。

 

【各論(音源ベース評価)】

Eiji-Oue-Minnesota-Orchestra-Exotic-Dances-From-The-Opera-SACD

 1曲目はクラシック。曲は、Tchaikovsky: Cossack Dance from Mazeppa。Reference Recordingsによるハイレゾ音源。

 音場が広く、音の分離がよく、さらに低域のスピード・リズムがよいWhite Devil 3sが非常に得意とする音源。特に、ティンパニの切れ味は、いずれの比較対象よりも良かったように思う。ヴァイオリンの温かみや艶っぽさも上々。

TheEagles_HellFreezesOver(CD)

 2曲目はロック。曲はEagles – Hotel California Live (Hell Freezes Over 1994)。

 上述のティンパニと同様に、ボンゴドラムの切れ味もよい。音場が広く、聴感解像度も高いから、観客サイドからの歓声や拍手までこまめに描写する。熱気もある。ただ、この曲にから感じられる歪みや退廃といったテイストは、他の比較対象に比べ、やや鳴りを潜める印象。素直で癖のない音を出すケーブルだから、健全なイメージの曲の方が合うように思うのだ。また、ヴォーカルはやや後方展開するから、かぶりつきでヴォーカルを聴きたいならMITなどのケーブルがよい。

MI0000648477

 3曲目はジャズ。曲はCount Basie – April In Paris。

 1曲目のチャイコフスキーと並び、White Devil 3sが得意とする音源。他の比較対象と比べ、前向きな曲調がよく再現されている。トランペットは熱気があるし、ドラムスの連打ももたつかずにこなす。ベースの歯切れも良い。シンバルは、やや大人しいかもしれない。

51FlEWmpMvL

 4曲目もジャズで、女性ヴォーカルもの。曲は、Norah Jones – Don’t Know Why。女性的な柔らかさや、ノラ・ジョーンズに顕著な声の伸びやかさがよく出ている。若々しくなりすぎない点も好ましい。一方で、後悔や切なさといったいささか後ろ向きなテーマに比して、少しばかり前向きな音調のケーブルかもしれない(Shunyata ResearchのKing Cobra CXなどであれば、もう少しダークな音として再現してくれるかもしれない)

 

【White Devil 2との共通点・相違点】

 基本的に、White Devil 3sはWhite Devil 2の上位互換と言っても差し支えないように思う。

 White Devil 3sとWhite Devil 2の共通点は、

1.温度感のある音で、アコースティックやヴォーカルが生っぽい点

2.音場が広く、特に奥行きが豊かである点

3.低音が引き締まっていて、音の立ち下がりが速い点

だろう。

 一方の相違点は、

1.White Devil 3sの方が超低音域の厚み・聴感解像度に優れる点

2.White Devil 3sの方が、全体的に音痩せしない点

だと感じる。

 価格差もさほど大きくないので、迷った場合はWhite Devil 3sを導入する、で間違いないと思う