IMG_2138

★概要

UNITYは、スウェーデンのJORMA DESIGNが販売するインターコネクトケーブルである。JORMA DESIGNのラインナップではPRIMEORIGOに次ぐラインで、価格的にはミドルエンドに位置する。性能的にはKubala-Sosna Emotion以上であり、CableFan.netではNORDOST VALHALLAと共にミドルエンドとハイエンドの境界線に位置するケーブルとしている。

いろいろな方から話を聞くに、日本での評価は極めて高い。性能(7N-DA6300とほぼ同等か)に対する価格設定は低め(32万円/m)に抑えられているのに加え、低音の質感・量感共に適度と感じられる方が多いようである。一般に、~10畳ほどの部屋でハイエンドの低音を処理するにはある程度スキルが要るだろうし、ケーブルも例外ではない。その意味で、UNITYの使い勝手は確かに優れる。

[価格]

320,000/1.0m

40,000/0.5m追加

[Specification]

JORMA UNITY共通事項

導体材質:純度 99.999999%銅 (酸素及び他の不純物を除去)誘電体:無色高純度テフロン

導体構造:セラミックファイバーを芯にした多芯線構造

クリンピング・スリーブ材質:ポリオレフィン

シールド材質:錫メッキ銅

メッシュ材質:ポリエチレン(PET)

JORMA UNITY XLRインターコネクトケーブル

コンダクター数:3 (+,-, GND) x 1pc. 1チャンネルにつき)

コンダクター断面積(Conductor 0.75mm2/pc)3 (+,-, GND) x 0.75mm2 1チャンネルにつき)

シールド断面積:4.2mm2 , RFIEMI 除去率約96%

 

[参考サイト]

http://www.cs-field.co.jp/brand/jorma/products/unity.html

[外見・取り回し]

兄貴分のJORMA ORIGOと良く似た外見のケーブルである。ただし、線体はORIGOと比較すると細身であり(ORIGOPRIMEと同スケール)、独特の煌びやかさも無い。その意味では、線体はJORMA No.1に近い。

取り回しの良さは最高レベルNo.1は長めのチューブが中央に配置されていたのに対し、UNITYではもう少し短めのウォルナットとなり、扱いも容易になった。ただし、ウォルナットに傷を付けたくない場合は、少々配置に気を遣うやもしれない。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

ニュートラル型・ニュートラル系のケーブル。つまり、音像表現・音場展開共に、中庸。性能的にはハイエンドでも入門クラスなので、凡庸と言えば凡庸だが、それでもこのハイバランスは基調である。もう少し言えば、ORIGOの低音域を質的・量的に抑え、小スケールにしたようなモデル

したがって、現用ケーブルが付属品かそれに準ずるケーブルであれば、音質的な特徴はそのままにグレードを上げることができると思われる(付属品とはいっても様々ではあるが、ケーブルで変な癖を付けないものが多いと認識している)。但し、国産の10~20万円クラスから変更する場合は注意が必要。国産の高純度銅線は、世界のハイエンドと比べるとかなりの確率で高音域がヒステリックであり、音像の迫力・解像感>音場の広がり・3D感、である。つまり、総じて派手であり、そういったケーブルを多用してシステムを調節している方にとって、ハイエンドに近い音作りをしているUNITYは大人しすぎると感じられる可能性はある。しかし、筆者はUNITYの方が「正しい音」を出していると感じるので、一聴してつまらないと断じてしまうのは勿体ないと思っている。

[基本性能]

基本性能総合:ハイエンド入門

解像感:4

情報量:3.5

聴感S/N3.5

情報コントロール力:3

周波数レンジ感:4

帯域バランス:4.5

汎用性:4

音の分離感:3.5

(評価MAX>5>4.5>4>…>1)

30万円/mクラスにありながら、ハイエンド入門に分類可能な基本性能を誇る強豪。国産の30万円/mクラスにとっては天敵と言って差し支えない。もっとも、電源ケーブルの値付けにおいてはいたって強気な国内メーカーの多くが、インコネの値付けでは信じられないほどに弱気なあたりからしても、推して知るべしかもしれないが。

他のJORMAケーブル同様、帯域バランスが非常に良い。100万円クラスと比べるとさすがに低音域の質・量は不足しているが、同価格帯ではトップクラスである。

聴感S/NEmotionには勝るが、VALHALLAに劣る。No.1からUNITYに代替わりする段階でクァンタムピューリファイアーが外されたことが影響していると思われ、少なくともJORMAとしてはこの変化を「正常進化」と位置づけているようだ(次期フラッグシップSPケーブルのStatementにも、CPは装着されない)。

音の分離感は、ステージの前後感によるところが大きい。この情報量と聴感S/Nで無闇に張り出すようなステージにしていたならば、確実に潰れていただろう。JORMA DESIGNのしたたかさが垣間見える部分だ。

ただし、基本的には音をコントロールするのではなく解放するので、その意味で洪水的なサウンドを出すとは感じる。

最後に、汎用性について少々補足したい。使い勝手はよいのだろうが、必ずしも性能と両立できているわけではないので、この評価。多くの方にとって、実際の使い勝手は評価よりも良いだろう。また、Kubala-Sosna Emotionと比べて音色面での原音忠実度で劣る(Emotionの方が、楽器の温度感や質感を再現するのは巧い。UNITYは、少々そっけない)。全体のバランスはUNITYが上だが、汎用性の差が小さいと感じるのはそのあたりによる。

[ポジショニング]

ポジションは選ばない。完全に好みの問題だと思うので、実際にシステムに組み込んでみた上で判断するのが最も迅速かつ確実だと思われる。

[主な比較対象]

JORMA DESIGN ORIGO(兄貴分)

JORMA DESIGN No.1(先代)

NORDOST VALHALLA(ライバル)

Kubala-Sosna Emotion

 Argento Audio Flow XLR

Shunyata Research Aurora XLR