IMG_1525

【リスニングの経緯】

 この度、知人よりG Ride AudioのWhite Devil 3sならびに2をお借りし、拙宅で数本のケーブルと比較試聴をさせていただいた。こちらのレビューは、White Devil 3s(ホワイトデビル)とStage iii ConceptsのLeviathan(リヴァイアサン)の比較になる。

 リヴァイアサンは、筆者が所有した中でも、最も音の良いケーブルのひとつである。ケーブルを分析する際に筆者が重視する指標のほぼ全てを高次元にマークするスーパーハイエンドの筆頭で、リヴァイアサンと比較することで他のケーブルの足りない部分が見えてくることは多い。

 対して、G Ride Audioのホワイトデビル 3sは、筆者が聴いた中でも最も「好み」のケーブルのひとつである。絶対的な性能ではリヴァイアサンに劣るかもしれないが、サウンドステージの広がりと奏者の熱気を両立する数少ないケーブルのひとつで(※1)、かつ、これまでの同傾向のケーブルと比べても扱いやすい点が魅力的だ。

 色々なケーブルを聴き比べてきたが、そんな中でもかなり魅力的なひとときになったことは間違いない。

※1:Jorma PrimeやZenSati Seraphimを念頭に置きながら、述べている。

 

【外見的特徴】

IMG_1521

IMG_1528

IMG_1524

 リヴァイアサンは漆黒の筐体が特徴的。その太さや重さは見た目からして伝わるが、実際に手に取ってもその期待が裏切られることはない。対するホワイトデビル 3sは、白くて細い外観で、華奢な印象を受ける。ただ、手に取ってみると意外と張りがあって、しっかりとした造りであることがわかる。

 取り回しは、ホワイトデビル 3sの方が圧倒的に良い。外観からして、疑う方もいないだろう。リヴァイアサンは全てのケーブルの中で最も重い部類だが、ホワイトデビル 3sはいわゆるハイエンドケーブルの中では最も軽く、取り回しやすい部類に入る

 

【総論(評価サマリ)】

 総論は、指標ベースでの評価サマリとなる。やや堅苦しい書き方やもしれないが、ご容赦願いたい(後述の、音源ベースの各論の方がこなれた文章だと思う)。

 まず、スケール感(音場の広がり)のお話。音場の容積リヴァイアサンの方が大きい印象。前後はホワイトデビル 3sも良いが、左右はリヴァイアサンの方がだいぶ広い。正直、音場の広さでリヴァイアサンに勝るケーブルは筆者の知る限り無いので、ホワイトデビル 3sと他のケーブルの比較記事も読んであげてほしい(でなければ偏るだろう)。

 次に、音の熱気(温度感)の話。この2本だと、ホワイトデビル 3sの方が熱気のある音を出す。電源ケーブル全体をみても、かなり温度感が高い部類だろう(「音楽性」がある、というオーディオ用語が適切やもしれない)。リヴァイアサンはその点、暖とも寒とも言えないケーブルだ。CH Precisionに代表されるような超高性能の機器よりも、アコースティックの再現力で卓越するFM AcousticsやSpectralの機器を好む方がいるのと同様、リヴァイアサンよりホワイトデビル 3sを好む方もいるだろう。

 スピード感(リズムの話。特に低音域)についてはスタンスが異なる両者だが、低域のスピードがあるのはホワイトデビル 3sの方だ。タイトにビシビシきめる。逆にリヴァイアサンは、高音域がキリッと引き締まる印象(導体が銀とパラジウムの合金であることも影響しているやもしれない)。スピーカーに喩えると、リヴァイアサンがWilson AudioのAlexxに、ホワイトデビル 3sがMagicoのQ3に、それぞれ近い印象。

 続いて、周波数帯域のバランスと広がりについて。リヴァイアサンはピラミッドバランスで、ホワイトデビル 3sはフラット。最も高い音域・最も低い音域ともに、リヴァイアサンの方が質・量ともに豊か。ここまで優れたケーブルは滅多にない。ただ、ホワイトデビル 3sで不足する状況がどれだけあるかは不明(拙宅のWilson MAXX3&Spectralアンプでは、ホワイトデビルは十分だった)。思うに、アンプの駆動力が十分で、かつ低域の質もしくは量に不満がある方はリヴァイアサンを入れればよいと思う。

 最後に音離れとノイズ感について。これについては明確にリヴァイアサンが良い。というか、音場の広がりとローノイズからくる卓越した音離れの良さこそ、リヴァイアサンの真価だろう。他のケーブルとの比較から、ホワイトデビル 3sも十分良いことは分かるだろうが、さすがにレベルが違う。ホワイトデビル 3sの真価はむしろ、音場の広さと温度感という、多くのケーブルが両立し得ない2要素を高次元で備える点にある。

 

【各論(音源ベース評価)】

 各論は、音源ベース評価となる。2種類のケーブルを入れ替えながら、曲や楽器がどのように表現されるかをレビューする。

Eiji-Oue-Minnesota-Orchestra-Exotic-Dances-From-The-Opera-SACD

 1曲目はクラシック。曲は、Tchaikovsky: Cossack Dance from Mazeppa。Reference Recordingsによるハイレゾ音源。圧倒的な躍動感と軽やかさ、そしてスケールの大きな表現が魅力的な音源だ。

 いずれのケーブルも、オーケストラの再現を極めて得意とするが、その理由は若干異なる。まず、スケール感はリヴァイアサンの方が出てくる。ステージの広がりもさることながら、個々の楽器の表現がきめ細やかでしかも音の立ち上がりが早い点が、凄みを与えている。軽やかさについてはタイトな音のホワイトデビル 3sが優れるかと予想したが、リヴァイアサンの細やかな音も捨てがたい。逆に、低音域のスピード感や躍動感についてはホワイトデビル 3sの方がある。こちらの方が低音の締まりがあり、音の立ち下がりが早いのだ(詳細は後述する)。

 ヴァイオリンは、出音の精度と伸びやかさはリヴァイアサンに分がある。驚異的な透明感だ。クオリティの話をするなら、ほぼ満点ではなかろうか。一方で、木材の生々しさはホワイトデビル 3sの方がある。アナログライクな温もり、とでもいうべきか。艶っぽさはどちらもあるが、磨かれた印象のリヴァイアサンに対し、色気のホワイトデビル 3s。

 ティンパニは、リヴァイアサンが下の下までドーンと鳴らすのに対し、ホワイトデビル 3sは筋肉質にビシッと鳴らす印象。もう少し言うと、ティンパニの深さと量感からくるオケの迫力はリヴァイアサンが上で、ティンパニが引き締まることによるオケのスピード感と躍動感はホワイトデビル 3s。

 管楽器については、Count Basie – April In Parisにて詳述する。

TheEagles_HellFreezesOver(CD)

 2曲目はロック。曲はEagles – Hotel California Live (Hell Freezes Over 1994)。アコースティックギターの多用を特徴とするライブ音源で、とても録音がよい。詳しい人間ではないが、筆者がこの曲から感じるのは歪み、危うさ、退廃といったイメージ。

 この曲のダークな雰囲気を、よりうまく醸し出しているのはリヴァイアサンの方だと感じる。やや温度感が低く、背景の漆黒も深い点も関係しているやもしれない。音の精度は素晴らしい一方で、どこか油断ならない黒光りをしているかのようだ。対するホワイトデビル 3sは(その名に反して)温かくて真っ直ぐな音を出すので、この曲のイメージとは少し違う。このケーブルには、夕方〜夜よりも朝〜昼の方がイメージ的に合っている。

 ドン・ヘンリーのヴォーカルは、温度感の高さからくる人間味はホワイトデビル 3sだが、ともすれば健全すぎるだろう。リヴァイアサンで聴く方が、より退廃が浮き彫りになる。キーワードは闇、もっと言えば聴感S/Nだろうか。どこか昼を吸い込むような印象のケーブルだ。

 このライブ盤のもうひとつの特徴は、ボンゴドラムだろう。ティンパニよりもやや高い音域を受け持つ打楽器だが、これもやはり厚みはリヴァイアサンの方がある。ただ、ティンパニほど露骨に量感の違いがあるわけではなく、音が引き締まってタイトな点を考慮すれば、ホワイトデビル 3sのボンゴもインパクトは変わらない。尚、驚くべきは、リヴァイアサンで聴くボンゴの揺らぎの小ささ。ボンゴはもともとキューバの民族楽器らしいが、音の精度が高すぎて、民族らしさはゼロである(苦笑)。ホワイトデビル 3sの方が、奏者のイメージも含めてボンゴの生っぽさを出してくれるかもしれない。

 アコースティックギターは、リヴァイアサンの方が音線の明瞭さとスパイシーなテイストが際立つ。ホワイトデビル 3sの生っぽさも魅力的だが、ヴァイオリンを鳴らした時の方が、素直さや温かみが際立っていた。

 最後に、ライヴ盤であるがゆえに入る、観客の発する微弱音について(拍手、声、擦れなど)。個々の微弱音の精度や明瞭さと、ライヴ会場全体への音の広がりについては、リヴァイアサンの方が優れた描写をする。俯瞰的かつ緻密。逆に、観客の醸し出す熱気は、ホワイトデビル 3sの方が感じ取れる。こちらの方が「共感」できる、という方もいるのではないかと思う。

MI0000648477

 3曲目はジャズ。曲はCount Basie – April In Paris。ホテル・カリフォルニアとは打って変わり、前向きさ、明るさ、リズム(ノリ)のよさが魅力的な音源。筆者が4月にパリに行った際に暖かいと感じたかはさておき、音楽から受ける印象はウォーム。

 曲から感じられるパリの雰囲気に合っているのはホワイトデビル 3sの方だろう。単純に、温度感が高いからだからだ。ノリも良い。低音域の締まりがあるからだろう。尚、リヴァイアサンの透明感をもってすると、本物のパリ以上に空気が澄み渡る印象がある。

 ただし、個々の音をつぶさに聴き込んでゆくと、リヴァイアサンの力量に驚かされる。まずトランペットだが、スムーズさ、細部の明瞭さ、そして歯切れの良さに驚く。ともすれば耳に刺さったり、大雑把になりかねない音源なのだが、少なくとも拙宅ではそういった弊害が一切ない。ホワイトデビル 3sの生っぽさも素晴らしいが、リヴァイアサンで聴くトランペットはクオリティ的に圧巻だ。

 シンバルの表現も同様で、聴感解像度と透明感が桁違いだ。高品位な銀線に特有のシャープさと聴感S/Nの良さが両輪となり、クオリティは桁違いだ。

 逆に、ドラムの連打はホワイトデビル 3sの方が良いかもしれない。キーワードは音の締まりだろう。やはり連打の音離れは、音の立ち下がりの速さがものを言う。余談だが、逆に異なる楽器同士の音離れならば、空間が広く聴感S/Nも良いリヴァイアサンの方が良い。

 ベースはそれぞれの良さがあるが、クオリティで勝るのはリヴァイアサンだ。とにかく、低い音の聴感解像度に優れる。この量感のベースが、こうもボワつかず、明瞭な聴こえ方をする点は驚嘆に値する。逆に、筋肉質で歯切れの良いベースが好みの方はホワイトデビル 3sの方が合うだろう。弦楽器にある温かみを感じやすいのもこちら。

51FlEWmpMvL

 4曲目もジャズだが、こちらは女性ヴォーカルものだ。曲は、Norah Jones – Don’t Know Why。なんと言ってもNorah Jonesの伸びやかなヴォーカルは絶品だろう。また、後悔や切なさといった女性的でウェットなテーマも含む一曲だと認識している。

 ヴォーカルは本当に好みが分かれるし、組み合わせる機器によると思う。声が伸びやかで透き通っているのはリヴァイアサン、歌手の温もりを感じられるのはホワイトデビル 3sだ。今回は、絶対的な品位はリヴァイアサンが上と認めつつ、Norah Jonesの良さを引き出したのはホワイトデビル 3sだと述べたい。曲のテーマ上、温度感は高めな方が「らしい」という筆者の勝手な評価である。

 ピアノについても同様の視点から好みが分かれると思うが、こちらではリヴァイアサンに軍配を上げたい。どうしてか、ピアノの再現においてはリヴァイアサンの明瞭さ(ブレや曖昧さの少なさ)が品位をグッと高めているように感じるのだ。ヴォーカル表現では問題にならなかった音の揺らぎや聴感S/Nのレベルが、ピアノでは浮き彫りになる。他の記事から分かるように、ホワイトデビル 3sの基本性能が低いわけではないが、この点においてリヴァイアサンはやはり懸絶している。

 

【あとがき】

 実は、この比較を経て、筆者はホワイトデビル 3sの良さに気付き、ファンとなった。勿論、リヴァイアサンが性能的に世界最高峰で、筆者にとってもリファレンスであることは事実でありながら、やはり筆者の「好み」はホワイトデビル 3sのような音だと痛感した。すなわち、音場が広く、かつ温かみがあって音像がぼやける・軽いといったことのない音である。システムとしては、ケーブルをMITで固めたSpectralのアンプ類に近い音だ(アンプ類がスペクトラル以外だったら、MITではなくこちらを買っただろう)。

 勿論、重箱の隅をつついた際にボロが出ないのはリヴァイアサンの方だ。いかにホワイトデビル 3sの費用対効果が素晴らしいものであるにせよ、これだけの価格差がある両者に、五分の性能や完成度を求めるのは野暮だろう。しかし、音楽を聴く時に、その曲のよさやらしさというものを引き出すにあたっては、ホワイトデビル 3sの方が好ましいケースはいつもあった。やはりケーブル趣味は奥が深いし、やめられないと感じた比較試聴であった。