IMG_1509 IMG_1517IMG_1514

★概要

Kubala-Sosna Elation! (クバラ・ソスナ・イレージョン)は、アメリカ合衆国のKubala-Sosna Research LLC, が製造している電源ケーブルであり、同社のフラッグシップモデルである。Kubala-Sosnaといえばケーブル界では新参といってよいメーカーだが、その高い実力ゆえ、本国では既にハイエンドケーブルメーカーとしての確固たる地位を確立している。本企画ではこれまでElation! とEmotionについて運用したが、Kubala-Sosnaのケーブルは確かに、ShunyataやNBSなどのような米国のハイエンドメーカーと渡り合える実力を備えていると感じる。特に、Elation! はさまざまな意味で秀逸で、NBS BLACK LABELやSynergistic Research Hologramシリーズの良きライバルであるように思う。

[価格]

M.S.R.P. 1800USD/m

500USD/0.5m additional

[Specification]

非公開

[参考サイト]

http://www.kubala-sosna.com/audio-cables/elation/index.htm

[外見・取り回し]

太くて重いケーブルで、密度感たっぷりな見た目と手触りが非常に特徴的である。鈍く光る被覆が、なかなかに渋い。また、この被覆はなめらかで、手触りもなかなかよい(NBSケーブルなどと比べると実に対照的)。また、その風貌のわりに曲げやすく捻りやすい線体は、抜群の取り回しの良さを誇り、ストレスを感じずに扱えるケーブルである。少なくとも本企画のメンバーは、この手触りと取り回しを知った時点で、半ばElation! のファンになったと言っても過言ではない。外見と取り回しについては、非常に好感度の高いケーブルだと感じた。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

 音像型・ニュートラル系のケーブル。NBS BLACK LABELなどと同様に音像>音場であり、強大な音像表現を可能とする。聴者と像の距離感が小さく、システムの組み方次第では音像を眼前に展開させることができる。また、音色はニュートラルとして定義しているが、強いて言うなら微寒色かもしれない。クールなマッチョガイといった趣だろうか。NBS BLACK LABELなどに通ずる陰影感があり、硬派で筋肉質な音像描写が特徴である。

[基本性能]

基本性能総合:ハイエンド上級

解像感:4.5

情報量:4

S/N感:3.5

情報コントロール力:4

レンジ感:4

帯域バランス:4

汎用性:4.5

音の分離感:3.5

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

高級ブランドの旗艦に恥じない基本性能を備えており、NBS BLACK LABELやJPS Labs ALUMINATAなどのライバル的な立ち位置のケーブルだと思われる。下の諸要素について、特定の要素が際立っているというよりも多くの要素についてバランスよく安定して高いタイプだと感じた。汎用性に優れ、質実剛健という言葉が似合う。

ただ、音像系のケーブルなだけあり、解像感は特に優れていると感じる。NBS BLACK LABELやBMI Hammerhead Gold Mk.5と勝負できるレベルだろう。

一方、S/N感については、もう少し改善の余地はあるのではないかと感じた。現時点でも実体感と陰陽コントラストは豊かな方なので、S/N感さえ改善すればそれらの個性を確立できるのではないだろうか。

[主な特徴]

1.硬派で力強い音像表現

いい加減しつこいと言われてしまうかもしれないが、改めてElation! 最大の特徴として強調したいのが、上から下まで陰影豊かで筋肉質な音像である。この力強い音像が所狭しと立ち並ぶのが、Elation! のステージである。非常によく似た音場・音像表現のケーブルとしてNBS BLACK LABELやJPS Labs Aluminataがあるが(Aluminataについては、知人に借りての試聴のみ)、例えばBLACK LABELであれば高音の実体感>低音の実体感なのに対し、Elation! の場合は上から下までほぼ均質(僅かに低域が分厚いか)である。したがって、帯域バランスはElation! の方がよい。また、Elation! の音像はAluminataのそれと比べると温度感があり、生命感も強い。温度感については、NBS BLACK LABEL≧Elation!>>Aluminataだと思われる。

2.コストパフォーマンスの良さ

Kubala-Sosnaのケーブルは、(定価ベースで考えるに)非常にコストパフォーマンスが良い。特に、Emotionは桁違いにコスパが良いと思われるが、このElation! にしても1.5mのMSRPが2,000USDを大きく超えることは無かった筈だから、定価対性能という意味でのコスパの良さは、他社のケーブルと比較して際立っていると言えるだろう。参考にするなら、同じ長さのJPS AluminataはElation! の約8割増、STEALTH DREAM V.10やNODROST VALHALLAも、おおよそ5割増しの価格設定であるから、如何にElation! のコスパが良いか分かるというものである。

[ポジショニング]

相当に低域が強いため、アンプへの使用は最も推奨しうる使用法である。例えば、Mark Levinsonなどのある程度強めのA級アンプに対してでも、十分な電源の供給が可能である。

あるいは、情報量が豊かで帯域バランスも良い機種であるため、デジタル系への使用というのも捨てたものではない。アンプに使用した方が優位を活かせる気はするが、例えばNBS BLACK LABEL系の音が好きなのだが、音色がヒートアップし過ぎている場合などには、基本性能を保ちつつクールな要素を付加できるため、なかなかに便利である。

賛否が別れるのが、壁への使用だろう。導体の太さは十分だと思うのだが、S/N感が今一歩であるため、トラペPLMM2Xなどを使用した方が良い結果が得られるかもしれない。