IMG_1180 IMG_1182

★概要

FLOW XLRは、デンマークのArgento Audioが製造しているインターコネクトケーブルである。兄貴分のFlow Master Reference(以下、FMR)と並んで現在のArgento Audioを代表する銀線であり、日本でもNORDOST VALHALLAJORMA UNITYと並び、50万円クラスを代表するケーブルの1つとして名高い。

[価格]

国内参考価格:460,000/m

[Specification]

N/A

[参考サイト]

Argento Audio 公式HP

[外見・取り回し]

純白の被覆が美しいケーブルである。STEALTH INDRASAKRAに通じるものがあるが、FLOWの場合、被覆は布である。FMR同様、最も汚れに気を遣うケーブルのひとつである。

取り回しは楽。Argentoのインコネは電源ケーブルと異なり、どれも取り回しは容易である。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

ニュートラル型・寒色系のケーブル。

音場・音像のいずれかに特化しているわけではなく、何れもそこそこの水準でこなす、といったケーブル。音場は、広くもなく狭くもなく、といったところ。音場の狭さを改善したい方には別の選択肢を勧める。音像の質感は、細やかで粒子感が豊か。NBSケーブルKubala-Sosna Emotionのようなガッツ溢れる熱血漢ではなく、しなやか・シルキーで女性的な音像である。また、VALHALLAのように音を引き締めるわけではない。自然体。

銀線だけに、温度感はやや低め。また、どちらかといえばホワイトな音色で、ビビッドな印象ではない。特筆すべきは、50万円クラスの銀線でままあるようなギラつきやひりつきみたいなものと無縁である点。銀線としての質感は100万円クラスばり(基本性能は別)

[基本性能]

基本性能総合:ミドルエンド上級

解像感:4

情報量:4

聴感S/N3

情報コントロール力:2.5

周波数レンジ感:4

帯域バランス:4

汎用性:4

音の分離感:3

(評価MAX>5>4.5>4>…>1)

高品位な銀線なだけあり、低音域などは50万円/mクラスでもきちんと下まで伸びる方で、帯域バランスも良い。また、音の拾い漏らしも少なく、音の数も出ていることから、情報の量感は悪くない。別格のJORMA ORIGOを除けば、同価格帯でもトップクラスと言えるのではなかろうか。

逆に、聴感S/N、音の分離感、情報コントロール力といった、情報をきちんと処理し、整える能力については更なる進歩が求められる。同価格帯でも、NORDOST VALHALLAJORMA No.1などに差を付けられている印象だ。

尚、変な癖がないことから使い勝手はよく、汎用性が高い。銀線だけにサウンドのスピード感が素晴らしく、スピーディな曲においても出遅れるケースは皆無。システム側で十分な聴感S/Nを確保できている方や銀線の質感が好みの方にとっては、上のFMRと並んで最有力候補にもなり得るだろう。

[ポジショニング]

予め申し上げておくと、どのインコネをどこに入れるのがベストな選択肢であるかは、一般論以上に具体的なシステム構成からお考えになるべきで、こちらでの説明はあくまでついでのものであることをご理解願いたい。以下、本文。

SP・機器について十分にビビッドなシステムにおいては、プリ・パワー間に導入し、情報量やスピード感についての下支えとすることを勧めたい。逆に、色彩感に乏しいシステムでは、ある程度ビビッドなケーブルをプリ・パワー間に入れる前提で、色彩感への影響が少ないDAC・プリ間に導入するとバランスがとれるだろう。

[主な比較対象]

NORDOST, VALHALLA XLR(ライバル)

JORMA DESIGN UNITY(ライバル)

 Kimber Kable, KS-1136(格下のライバル)

JORMA DESIGN No.1

JPS Labs, Aluminata XLR