IMG_2617

★概要

Emotionは、Kubala-Sosna Research LLCの販売するインターコネクトケーブルである。現在は上位のElation!に旗艦の座を譲っているが、Kubala-Sosnaを躍進させた立役者として今なお名高い。

 Emotionの特筆すべき点は、何と言ってもそのコストパフォーマンスだろう。特にEmotion Power Cableは素晴らしく、3000USD/1.5mクラスに迫るパフォーマンスを誇りながらも、価格は半額程度に設定されている。いうなれば「性能はそのままに価格は半額」といったところである。これは管理人の主観ながら、Shunyata ResearchAural Symphonicsといったメーカーは、Kubala-Sosnaから引導を渡された感が強い。失礼な話ながら、Kubala-SosnaElation!Emotionを目の前にして、ShunyataAuralのケーブルに目を向ける意義は乏しい。

[価格]

2,700USD/m, 800USD each additional

[Specification]

N/A

[参考サイト]

http://www.kubala-sosna.com/audio-cables/emotion/index.htm

[外見・取り回し]

電源ケーブル同様、太くてたっぷり感のある線体のケーブルである。太さ・重さによらず取り回しは非常に良く、手子摺るケースは皆無。曲げも非常に楽である。

何と言っても、Emotionに特有のブルーの被覆が特徴的。Elation! にあるようなメタリックな凄みはないが、価格相応の高級感を醸すことには成功している。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

典型的な音像型・暖色系のケーブルで、(電ケーでいう)アレグロNBS BLACK LABELに近い音作りをしているケーブル。基本性能では初代BLACK LABEL XLRに劣るものの、音作りにおける癖のなさは初代BLよりも上だろう。作ったところがない自然な表現は、アレグロZenSati Seraphimにも通じるものがある。S/Nに劣る点は残念だが、音色レベルでの使い易さはケーブル界でも屈指。

ステージは、前後は詰めて左右を広げるタイプであり、音像の迫力が重視されている。ただ、いわゆる音場型のケーブルと比べると左右も広いとは言えず、ステージを広げたいという方にはお勧めできない。

[基本性能]

基本性能総合:ミドルエンド

解像感:3.5

情報量:3

聴感S/N3

情報コントロール力:3.5

周波数レンジ感:3.5

帯域バランス:3.5

汎用性:4

音の分離感:3

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

30万円/mクラスをリードする基本性能と、50万円/mクラスですら珍しいレベルの優れた汎用性が武器。総合力はJORMA UNITYよりやや下といったところ。JORMA ORIGOほどのコスパではないにせよ、国産の50万円/mクラスにとっては天敵たりうるポテンシャル(このあたりはUNITYと同様か)。どこかがKubala-Sosnaの代理店に名乗りを上げれば、Emotionの存在が国内の勢力図に影響を及ぼす可能性は高い。

どちらかというと、音を散らさずに実体感を保つタイプのケーブルで、音像の解像感や情報コントロールに関しては同価格帯でも優秀な部類。逆に、音の数から情報量を醸すタイプではない。

低音域は、30万円/mクラスにあっては深いところまで出してくる。音像は普通か若干厚め。全帯域にわたってこのヴォリューム感である点が特徴で、50万円クラス以下でしばしばあるような「低音域だけが分厚い」というような下品さが控えめである点は評価できる。

音線や音の分離感は、初代BLほどは明瞭ではない。S/N感が今ひとつであることがもたらす弊害。S/N感がよければ、NORDOST VALHALLAとも並び得ただけに残念。今後の躍進に期待したい。

[ポジショニング]

ポジションは選ばない。完全に好みの問題だと思うので、実際にシステムに組み込んでみた上で判断するのが最も迅速かつ確実だと思われる。

[主な比較対象]

JORMA DESIGN UNITY(ライバル)

NBS BLACK LABEL XLR(格上のライバル)

Purist Audio Design Canorus 20th Aniv. (格上のライバル)

Shunyata Research Aurora XLR

NORDOST VALHALLA XLR