IMG_4105 IMG_4106 IMG_4113

 

★概要

ZenSati Cherubは、デンマークのZenSati(ゼンサティ)社が製造・販売している電源ケーブルである。兄貴分であるSeraphim(セラフィム)と共に、現在のZenSati社の中核ラインであり、Seraphimの導体が銅線に金メッキであるのに対し、Cherubの導体は銅線に銀メッキという仕様である

尚、Cherubの読み方については「チェラブ」と発音する模様(いくつか候補が考えられ、例えばセラフィムに合わせるならば「ケルビム」、単数形なら「ケルブ」。ただ、ZenSatiの公式HPにアップされた動画では「チェラブ」と発音されているようで、こちらではそれを参考にした)。

[価格]

国内価格:1,338,000円(2.0m)

±186,000円(±0.5m)

[Specification]

非公開

[参考サイト]

ZenSati 製品ページ

[外見・取り回し]

ZenSatiのトップラインに相応しく、非常に美しい外見のケーブル。兄貴分のSeraphimと並び、スーパーハイエンドの中でも最も美しく煌びやかな部類のケーブルなのではないかと思う。

取り回しは、硬かったり重かったりするわけではないが、汚したくないわ傷めたくないわで、気を遣う。尤も、高いケーブルなんてそんなものだと言ってしまえばそれまでだろう(苦笑)

尚、NORDOST ODINとは、FI50/50Mを装着している点、銅導体に銀メッキであり、更にそれを透明のシールドで被覆している点など、共通点が極めて多く、結果として外見も近いものになっている(写真)。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

音場型・微寒色のケーブル。一聴して分かるのが、極めて広大なステージ。特に、左右・上下の広がり感は凄まじく、音場型の雄と名高いNORDOST VALHALLASTEALTH DREAM V.10すらも遥かに凌ぐ。おそらく、全ケーブルでもトップの広さ。ステージの広さについては部屋とスピーカーで大凡決まるというのが我々の持論だが、さすがにこのクラスのケーブルをもってくると、ケーブルへの投資もあながち無駄ではないと思ってしまう。逆に、音像とくに低音の硬度と実体感は(他のスーパーハイエンドと比べて)後退するかなりリキッドなサウンド。

温度感・明瞭さは、ベースは高品位な銅素材のそれ。これに、表面の銀メッキが加わる形で音が若干、クール・明瞭になっている。JORMA PRIMEより寒色寄り、NORDOST VALHALLAより暖色寄りといった印象。

[基本性能]

基本性能総合:スーパーハイエンド

解像感:MAX

情報量:No.1

聴感S/N:4.5

情報コントロール力:4.5

周波数レンジ感:5

帯域バランス:5

汎用性:MAX

音の分離感:4

(評価:No.1>MAX>5>4.5>4>…>1)

情報量については、STEALTH DREAMSTAGE III KRAKENを凌ぎ、我々の知る限り世界トップ。度外れた情報量だと言ってよい。各音の解像感はKRAKENやJORMA PRIMEとさほど差はない印象を受けるが、音の数が桁違い。広大な空間が音で満ち満ちる。

が、その桁違いの情報を完璧にコントロールするためには、最高レベルのS/Nと音の分離を付与する必要があるだろう。現時点ではまだ、そのレベルには至っていない。

周波数レンジの広がりと帯域バランスについても、スーパーハイエンドに相応しい優秀さ。但し、最高レベルではない。周波数レンジの広がりはKRAKENPRIMEDEVICE 0といった“規格外”と比較せず普通に使っていれば、殆ど不満を覚えない水準。上への伸び・ヌケの良さは文句無し。逆に、最低域はKRAKENやBLACK LABEL IIIほど強くない(出ないわけではない)。帯域バランスは、KRAKENやPRIMEほど全帯域で完璧にフラットではないが、超低域の弱さを除けばほぼフラット・ハイバランスで、完璧に近い。そのため、これら2本に次ぐレベルと評している。

そして何より特筆すべきは、その汎用性の高さ。音色面のバランスが極めて良い。銅と銀のハイブリッドでここまで癖・無理がない、言い換えるなら余計な自己主張をしないケーブルは初めて。ZenSatiのケーブルは、海外ではしばしば「ケーブルの存在を感じさせない」などと評されるようだが、分からないではない。仮に少し方向が合わずとも、何れかのポジションには使えると感じる。

気になる点は、音の分離感。情報量が多すぎる点、聴感S/Nがやや悪い点などあり、各音がスパっと分離しない。STEALTH DREAMの上位互換としての性格は、このあたりにも反映されていると感じる。

[主な特徴]

Coming Soon.

[ポジショニング]

拾い上げる情報量が尋常ではない他、音色面の汎用性が高いため、プリより上流なら好みに応じてどこでもいけるだろう。デジタル機器に使用すると、ESOTERIC 7N-PC9500などと同様、主に情報量からシステムを強化する。一聴するとESOTERICのMEXCELやJORMA PRIMEより大人しいが、実際に聴き込むとこれらに勝る情報量を拾うことが分かる。

逆に、プリに使うとその自然さに驚く。悪く言えば没個性的で大人しい音だが、良く言えばピュアな音である。音源そのものの良さを引き立てようとする意志を感じる。我々が聴き比べた結果では、プリがベスト、次いでDAC、そしてトラポが良いと感じた。

逆に、パワーに使うのは勿体ないケーブルだろう。勿論、使えないことは全くないが、パワーならばSTAGE III KRAKENBMI OCEANIC STATEMENTなど、よりパワー向きのケーブルはいくつもあるだろう。

[主な比較対象]

STAGE III CONCEPTS, A.S.P. REFERENCE KRAKEN(格上のライバル)

JORMA DESIGN, PRIME POWER(ライバル)

K. Racing Audio Design, DEVICE 0(ライバル)

BMI OCEANIC STATEMENT(ライバル)

STEALTH, DREAM V.10(格下のライバル)

NORDOST, VALHALLA(格下のライバル)