IMG_0457

 

 

※写真は、最も新しいバージョンのものを掲載しています。

★概要

NBS BLACK LABEL II XLR(ブラック・ラベル2。以下、BL II)は、アメリカのNBS Audio Cablesが製造・販売するインターコネクトケーブルである。現在はフラッグシップの座をBLACK LABEL IIIに譲っているが、かつては泣く子も黙るNBSの旗艦モデルであり、弟分の初代BLACK LABELと共にNBSの名声確立に大きく貢献した。

日本国内では、上位機種のBLACK LABEL IIIが存在する今でも100万円クラスの筆頭格として、STEALTH Indraなどと共に極めて高い知名度を誇っており、BLACK LABEL IIIと比べると流通量も圧倒的に多いと思われる(オフ会や中古市場などで目にする機会の多さなどからの推察)。文面からお分かりになった方もいるかと思うが、STEALTHのIndraと似たポジにあるケーブル。

〜以下、BLACK LABEL II A/C CABLEのページより引用〜

初代BLACK LABEL同様、非常にエージングに時間がかかるケーブルであり、(本当かは微妙なところだが)数ヶ月~半年ほどかかるという噂もあるほどである。ちなみに、我々も新品からエージングを行った試しはあるが、機器やケーブルの入れ替えが少なくなかったのと、耳の方が馴染んでいってしまったこともあり、数ヶ月越しの変化は実感できなかった。

また、これはNBSケーブル全般に言えることだが、個体差がある。そもそも前期(フラッグシップ時代)と後期の個体では、つくりや音がだいぶ異なっている。また、個体によって低域方面の周波数レンジが狭かったり、高音の解像感がイマイチであったりする。このあたりは、ハンドメイドの宿命であろうか。

〜以上、引用〜

[価格]

MSRP:12,000USD(4ft)だが、値下げ幅が大

[Specification]

非公開

[参考サイト]

 現行モデルでないため、ページ無し。

[外見・取り回し]

〜以下、BLACK LABEL II A/C CABLEのページより引用〜

基本的には初代BLACK LABEL(以下、初代BL)と似たような外見をしているが、両端部が多少細くなっている点はBLACK LABEL II(以下、BL II)の特徴である。

また、この両端部の細さがゆえに、取り回しの悪さは初代BLと比べると劇的に改善されている。が、依然として重くて曲げにくいことには変わりがないため、一般的な水準から考えれば取り回しはかなり悪いといえよう。

〜以上、引用〜

★音質レビュー

[タイプ]

音像型・暖色系のケーブル。マッチョで筋肉質な、低域の強いケーブルという巷での評判は、基本的に的を射ている。BL II A/Cとほぼ同じ感想を抱いているので、まずはそちらを引用しよう。

〜以下、BLACK LABEL II A/C CABLEのページより引用〜

基本的には、初代BLACK LABELと同傾向の音像型・暖色系のケーブルであるが、初代ほど極端に音像表現に特化しているわけではない。とりあえず、音像の実体感・硬度についてはだいぶ後退しており、ギリギリ常識的と言える範囲内ではないかと思う(相変わらず、高域はかなりキツいものがあるが)。また、音場も初代に比べて主に左右両側面に対し広がっており、像の厚みが増しているにも関わらず、音の分離も初代より良くなっているようだ。しかし、左右以外の方向は相変わらず狭めであり、依然として高域の硬さとダークな音色には、強烈な個性が見いだせる。また、ダイナミックレンジの広がりと汎用性は、後続のBLACK LABEL IIIと比べるとだいぶ劣るように感じられる。その意味では、初代とIIIの中間的存在で、ある意味中途半端な存在なのだが、後述する中域表現の巧さがゆえ、居場所はあるだろう。

〜以上、引用〜

これにXLRケーブル特有の補足を行うならば、ハイエンド以上のXLRケーブルの殆どは、電源ケーブルと比べてもバランス・汎用性を重視して設計されている感があり、電源ケーブルなどと比べてXLR分野におけるBL IIの個性は突出している。よく「NBS BLACK LABEL IIはバランスが良く使いやすい」という話を耳にするが、我々は必ずしもそうは思わないのと、特にXLRケーブルについては、スーパーハイエンドであればBL IIよりもバランスの良いケーブルが殆どであると思っている。

[基本性能]

基本性能総合:ハイエンド上級

解像感:4.5

情報量:4.5

S/N感:4.5

情報コントロール力:5

周波数レンジ感:5

帯域バランス:4

汎用性:4

音の分離感:5

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

上述したように、国内では100万円クラスの筆頭格と言えるケーブルで、特にフラッグシップ時代に製造・販売された個体は、その評価に恥じない基本性能を誇っている。ただし、XLRケーブルは電源ケーブルと比べてハイレベルなものが多く、加えてTRANSPARENT OPUSのような規格外も存在するため、相対評価はBL II A/Cよりも低めになっている。実力的にも知名度的にも、国内ではSTEALTH Indraと同格のケーブルと認識されている感があるが、我々もその認識には賛同する。

さて、性能面で特筆すべきは、第一に周波数レンジ感、第二に情報コントロール力。周波数レンジの広がり感に関しては、STEALTH Sakraと並ぶレベル。一部の例外を除けばトップクラスだろう。ローエンドの深さもさることながら、超低域のディティールを抉り出すかのような描写は、BL IIならでは。次いで、情報コントロール力。この点はOPUSやSTAGE III GRYPHONなどに次ぐ水準で、超高域から超低域まで音をグリップ・支配する力が非常に強い。まさに、STEALTH Indra V.10やJORMA ORIGOとは対照的な存在で、各音が飛び散らかってぐちゃぐちゃになっているようなシステムにBL IIを1セット入れれば、状況はだいぶ改善されるだろう。特に高音は良くも悪くもかなり凝縮され、微弱音とノイズの区別がつきにくいというシーンは少なくなる。

やや苦手とするのは、情報量と帯域バランス、そして汎用性。特に、音の数がイマイチ。ある程度の実体感を保たない微弱音について、描写する段階で切り捨ててしまっている「ような印象」を受ける(フロアノイズにマスクされるという話とは別)。(特に中〜高音の)解像感も、拾った音については十分すぎる実体感と立体感を付加するため、一聴しての聴き応えは十分だが、それはあくまで聴かせ方による誤摩化しであって、GRYPHONやSakraと比べると根本的に細部描写は大雑把。よく、BL IIの解像度は最高レベルという評価を耳にするが、さすがにそれは言い過ぎだろう。また、高音は(ハイエンド上級の平均と比べて)かなり硬く、自然な描写とは言い難い印象。俗にいう「伸びやかでストレスフリー」とは対局。決してS/N感は悪くないのに、聴感上のダイナミックレンジが狭まっている印象を受けてしまう(硬い音は硬く、柔らかい音は柔らかく、という原則に忠実でない)。おそらく、低域の雄大さと中域のソリッドさを両立しようとした結果、その延長で高音が極端にソリッドになってしまったと思われるが、繊細さや柔らかさに富むソースの再現には手こずる(一応、年単位でのエージングによりかなり改善されるが)。この点は、帯域バランスと汎用性の評価を著しく下げている。また、個体差が激しすぎる点も、汎用性を語る上ではマイナスポイント。ハンドメイドとは言うものの、生産時期によって重さや太さがまるで異なる点は、工業製品として如何なものか。

いろいろ使ってみて感じたのは、確かに基本性能は高いが、評判ほど使いやすいケーブルではないということ。やはり、JORMA PRIME XLRやSTEALTH Sakra XLRなどのスーパーハイエンドと比べると、格は下がるだろう。

[主な特徴]

NBS BLACK LABEL II電源ケーブルとの共通点が多いので、そちらのレビューをベースとし、そこにXLRケーブルの方で感じたことを付け加える書き方をしようと思う。

[BLACK LABEL II A/C CABLEレビュー]

1.完成度が高く、奥深い中域表現

この点については、XLRケーブルでも健在。陰影感溢れる音像を濃密なタッチで描き出す様は、他のケーブルには真似できないBL IIの真髄。この点については、電源ケーブルと比べても効能は大きいと感じた。特に、ヴォーカルの立体感と陰影感は圧倒的。TRANSPARENT OPUSやBLACK LABEL IIIにも無い強烈な個性であり、唯一無二と言っても過言ではない部分だろう。低域の強さをBL IIの存在意義として挙げる方は多いが、我々はむしろこの中域こそがBL IIの存在意義だと思っている。また、このあたりの帯域はまさに、同傾向のSTAGE III GRYPHONが弱点としている部分でもあるため、併用することによってバランスを取ることができる。情報コントロール力の強さや音像のソリッドさについては共通するポイントであり、既に相性の良さも体感しているため、自信をもってお勧めできる組み合わせである。

2.部屋ごと揺さぶるような低域

この点については、むしろパワーアンプの電源ケーブルに入れた時の方が威力を実感できた。複数システムにおいて確認。やはりウーファーを駆動するにあたっては、電源周りの改善は重要なのではなかろうか。

3.実体感の強い高域

この点については、BLACK LABEL IIの個性であり、どこに入れても如実な変化を見せた。良くも悪くも音が凝縮し、拡散しない。中域〜低域に関しては、好みはともかくレベル的にはかなり優れたものであるため、最終的にBL IIを導入するか否かを決定するにあたって最も重要なポイントは、この高音がお気に召すか否かではないかと思う。また、個体差が激しい部分でもあり、特に白・赤ラベルの後期型では、ひどい個体は定位感・伸び共に初代BLに劣るため、注意が必要。実物を手に取ってから購入するのが理想である。

[ポジショニング]

予め申し上げておくと、どのインコネをどこに入れるのがベストな選択肢であるかは、一般論以上に具体的なシステム構成からお考えになるべきで、こちらでの説明はあくまでついでのものであることをご理解願いたい。以下、本文。

ポジショニングについては、STEALTH Indra V.10とよく似た感想をもった。スーパーハイエンドには基本性能で一歩劣るものの、個性についてはむしろ豊かという音のあり方によるものだろう。以下では、Indra V.10の説明をそのまま引っ張り、ワードのみ変えた。

BL IIの場合、音色や質感まで含めた汎用性はともかく、優れた基本性能(特にレンジ感・情報コントロール力)を誇るケーブルではあるため、使い道はある。個人的には、DAC・プリ間よりもプリ・パワー間に入れた方が、せっかくの個性が活きてくるため面白いと思っているが、実際のところは状況に応じて判断するべきだろう。

ちなみに、DAC・プリ間に入れるならば、予算が許すならばNBS BLACK LABEL IIIの方をお勧めしたいところだ。BL IIIの方が個性は小さいため、プリ・パワー間に入れるケーブルの選択肢が広がると思っている。別の言い方をすると、BL IIは個性豊かな分だけ他のケーブルと喧嘩をするリスクも大きいだろう、ということ。

[主な比較対象]

NBS 初代BLACK LABEL XLR(兄弟分)

STAGE III CONOCEPTS A.S.P. Reference GRYPHON(格上のライバル)

Purist Audio Design Canorus 20th Aniv.

JPS Labs Aluminata XLR

TRANSPARENT Reference XL

STEALTH Indra V.10