IMG_4853

★概要

ZenSati Angel(エンジェル、XLR仕様)は、デンマークのZenSati(ゼンサティ)社が製造・販売しているインターコネクトケーブル。兄貴分であるSeraphim(セラフィム)Cherub (チェラブ)と共に、現在のZenSati社の中核ラインであり、Seraphimの導体が銅線に金メッキ、Cherubの導体が銅線に銀メッキという仕様であるのに対し、Angelは無メッキ銅線である

[価格]

国内価格:926,000円(1.0m)

[Specification]

非公開

[参考サイト]

ZenSati 製品ページ

[外見・取り回し]

Seraphimのコッパー仕様といった外見で、ゴールドやシルバーのSeraphimCherubと比べると、やや渋めの外見。Angelの場合、プラグをFURUTECHから自社製に変更したせいか、外観の統一感はより一層高められた。そんなわけもあり、一目で「銅ケーブルだ」と分かる外観となっている。

取り回しに関しては、Seraphimとほぼ同様であるため、詳しくはそちらを参照。

★ファーストインプレッション

[概要・タイプ]

音場型・ニュートラル系のケーブル。微暖色のSeraphim XLRと比べると音色はニュートラルに寄っており、Seraphimの音場・情報量とJORMA ORIGOの温度感を兼ね備えたようなケーブルだというのが第一印象。明暗の次元では、Angel AC同様にややライト。REFERENCE XLは無論、ORIGOと比べても明瞭な音。Seraphimにあるぽかぽかとした日差しのような質感というより、むしろフレッシュな朝の日差しのような趣

基本的にはSeraphimと同型であり、ステージ展開や帯域バランスをはじめ、多くの要素について共通点を感じる。特に、圧倒的なステージの広がり感と溢れんばかりの情報量については、ZenSati3兄弟に共通する要素である模様。ただし、生命感や感性、空気感の再現についてはSeraphimには及ばないだろう(尤も、この点についてSeraphimは奇跡的)。主観だが、ORIGOよりも感性豊かでエレガントであり、JORMA PRIMEと同等クラスにハイバランス・リアルではないかと感じる(価格帯も近い)。Seraphimよりもシャープで勢いを感じさせるサウンドであり、フレッシュな若手ヴォーカルや、スピードでキレのあるジャズなどの再現を得意とする模様。

まだまだ聴き込みが足らないところもあり、自信のあるレビューは書けないが、ステージの広がりと情報量については、JORMA PRIMESTEALTH Indra V.10といった強豪を抑えて100万円クラスをリードする水準で、同クラスの激戦を更に苛烈なものにすることは確実だろう。

余談だが、プラグを自社製のものに変更したことが音質向上に繋がっているか否かは、疑問符がつく。とりあえず、FURUTECH搭載のSeraphimのクオリティは、Angelのそれに大きく勝ると感じられる。この自社製プラグは、音質向上よりもルックスの改善と偽物の防止に役立っているというのが我々の見解。

[基本性能]

ファーストインプレッションにつき、十分な確証は得られていないため、割愛。

[ポジショニング]

100万円クラスにおける音場型の最右翼であることは一聴して分かるので、この音場感を活かしたい場合には、後段に配置すると良いだろう。一方で、情報量の多さもまた確固たる強みとして存在するので、そちらを活かしたいならば前段に配置し、後段で個性をもたせるのも手ではなかろうか。他のXLR同様、実際に聴いてみてベストなポジションを決めるのが最善。

[主な比較対象]

ZenSati Seraphim, XLR(兄貴分)

JORMA DESIGN, ORIGO XLR(ライバル)

TRANSPARENT, REFERENCE XL(ライバル)

JORMA DESIGN, PRIME XLR(格上のライバル)

STEALTH Indra V.10(格下のライバル)

TRANSPARENT, OPUS MM XLR