SNOW LAKE IMG_2685 IMG_2680

★概要

Snow Lake(スノー・レイク)は、オランダのSiltechが製造・販売していたインターコネクトケーブルである。Siltechといえば、上は200~300万円クラスのスーパーハイエンドも製造・販売している名門であるが、このSNOW LAKEは100万円クラスに位置するケーブルである。尚、今回レビューするモデルはGeneration 5(G5)のモデル。

STEALTH IndraやNBS BLACK LABEL IIなどと比べて少なからず知名度は落ちるモデルではあるが、地道な部分から完成度の高い実力派。一度その良さが理解されれば、ユーザーも増えるのではなかろうかと思わされる優良機種である。

※100万円クラスとは、1m・XLR仕様の国内定価が100万円前後のケーブル群を指す造語。JORMA PRIME、STEALTH Indra、TRANSPARENT Reference XLなどをはじめ、蒼々たるケーブルがひしめき合う激戦区であるため、1つのジャンルとして区分している。尚、表にある基本性能総合からではなく、あくまでプライスを参考にした区分である点には注意が必要。

[価格]

国内定価:945,000円(税込)/1m

[Specification]

非公開

[参考サイト]

ディスコンとなっているためメーカーHPは無いが、こちらに詳しい。

[外見・取り回し]

このSNOW LAKE G5も伝統に漏れず、特注のアルミ削り出しプラグ、同じくアルミ製の制震ボックス、(濃淡はあれど)青系で統一された導体、等々、まさにSiltechのRoyal Signatureシリーズ(旧Signatureシリーズ)の外見をしている。外見から高級感を演出するケーブルが多い中、なかなかにオーソドックスというか、落ち着いたデザインのケーブルと言えよう。

そんなわけで、どちらかというと見た時よりも実際に触れた時・持った時に高級感を感じさせるケーブルで、アルミのずっしり感もあいまって、中身が詰まっている印象を受ける。取り回しは、100万円クラスの標準と比べると、可もなく不可もない印象。NBS BLACK LABEL IIほど重くなく、STEALTH Indraほど軽くない。だいたい、ZenSati Seraphimと同じくらいの扱いやすさ。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

音場型・寒色系。金を用いることで使いやすくはしているが、根の部分は非常にストイックなケーブルで、スピード感・リズム感の正確さについてはトラペOPUSやSTAGE III GRYPHONすら凌駕し、世界最高水準。銀素材はオーディオケーブル用の素材の中で最も伝達速度に優れるらしいが、Siltechはこの部分を極めつつある。正直なところ、情報量や音場表現力の高さすら、その副産物だと感じるレベル。

まず音場についてだが、これは前後・左右・上下の全方向について、広がり自体は無論、質感としての開放感も素晴らしく、総合的な広がり感は100万円クラスでもトップレベル(対価として密度感とコントロール力は後退する)。特に上下と左右については、STEALTH Indra V.10を凌駕する。音場の広がりは部屋の広さとセッティングに規定される部分が大きいが、音の開放感についてはこのSNOW LAKEを導入することでかなり引き出すことができよう。壁がなくなったかのようにスカーンと音が抜けてゆく様は高品位な銀ケーブルならではで、KharmaのトップラインやArgentoのFMRなどにも共通するポイント。

音色はかなりの寒色系。なんというか、真冬の晴れ空のような印象のケーブルで、明るく開放感はあるが、温度感はIndra V.10よりもはっきりと低い反面、音の明るさでははっきり勝る(参考までに、Indraは初冬のダイアモンドダストを彷彿させるケーブル)。尚、銀ケーブルというと音色面でのギラつきやひりつきが引き合いに出されがちだが、SiltechのSignatureシリーズはそういった銀の副作用とはほぼ無縁(詳細は後述)。

総じて、物理特性に優れる銀素材をベースとしつつも、要所々々で金素材をうまく併用することで銀のネガを潰し、性能と汎用性を両立したケーブルという印象。

[基本性能]

基本性能総合:ハイエンド上級

解像感:5

情報量:5

S/N感:4.5

情報コントロール力:5

周波数レンジ感:4.5

帯域バランス:4.5

汎用性:4.5

音の分離感:4.5

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

基本性能に関する率直な印象は、STEALTH Indra V.10以上、Sakra以下といったところ。上位機種のCompass Lakeが120万円/m程度の価格設定であったため、そちらとの差を意識している模様。この水準は、少し前までは100万円クラスの中でもかなり優秀な水準で、現在でも(我々の分類するところの)ハイエンド上級クラスをリードする水準だと考えられる。しかしながら、2006年のJORMA PRIMEを皮切りに、最近はSTAGE IIIのGRYPHONやZenSatiのSeraphimといった、以前の100万円クラスでは考えられなかったレベルのケーブルが出現していることから、Siltechやトラペのような老舗は、この価格帯では押されがちなのが現実であろう。

話が逸れたが、何と言ってもこのSNOW LAKEにおいて圧倒的に優秀なのはその情報量と(項目には含まれないが)スピード感。詳しくは後述するが、銀ケーブルとしてのデメリットをほぼ封殺した上で、銀素材のメリットを活かしている。

また、S/N感・周波数レンジ感・帯域バランスの3要素に関しては、悪くない。S/N感についてはアルミブロックの制震が効いているようだが、カーボンを多用した昨今の各社フラッグシップには劣る模様。周波数レンジの広がりは、銀素材の特権の1つ。が、上位のCompass Lakeとの価格差を意識し、なまじローエンドを手加減して設計したのが玉に瑕。それでも、(10年近く前のモデルでありながら)STEALTH Indra V.10などとしっかり張り合える。このSnow Lakeを聴いただけでも、現行旗艦のEmpress Double Crown等がどれほど凄まじい周波数レンジの広げ方をするのかが、容易に推察できる。帯域バランスについても、手加減云々については周波数レンジとほぼ同様のことが言える。

さて、情報コントロール、音の分離感については、やはり銀ケーブルの宿命とも言うべき弱さはある(マテリアルレベルで情報ドバドバ系である)が、それでもSTEALTH Indra V.10にかなり大差を付けて優秀な点は評価に値する。音の分離感と情報コントロール力がキープされている背景には、おそらくシールドの締め具合と導体中に少量のみ配合された金素材があるのだろう。上でも述べたように、かなり中身が詰まっている印象を受けるケーブルであり、シールドの密度はIndra V.10などと比べて明らかに上だが、そのためであろうか、Indra V.10などと比べると音像がソリッドであり、音粒子が散らからない。が、重要な点はそこではなく、むしろ、この締め具合にも関わらずIndra V.10と同等か、場合によってはそれ以上に繊細で開放感のある高音が出てくる点、そして音場は狭まるどころか全方向に対する優れた広がり・開放感をみせる点である。音場の広がりが豊かなケーブルは多いし、密度感があってソリッドな音のケーブルも少なくないが、その双方をうまく両立し得ている例はあまり多くないため、その成功例として言及した。ただ、あくまでベースは音場型であり、その上に優れた音像表現が加わっているという見方が適切かと思っている。

[主な特徴]

1.質の高い銀ケーブル

SiltechのSignatureシリーズに一貫することは、銀素材の物理特性の良さを最大限に活用することが最優先されている点。例えば、金素材と銀素材を中心に導体を組み立てたケーブルは、Kharma Enigmaシリーズ、STEALTH Indra V.10、Purist Canorus、Fono Acoustica Armonicoなど数多いが、音色面の要素ではなく、信号伝達における歪み・ノイズの低減という物理特性の改善を目的に銀・金を配合しているメーカーは、Siltechをおいて他にない。

一般的には、いわゆる銀くささやギラつきを解消するために銀に混ぜ物を加えるのが常で、このため導体に大量の金や銅が混入し、音色は改善される一方で銀素材のもつ伝達速度は失われがちであるのだが、Siltechの場合はそもそも、銀くささなどの解消を目的とした金の使い方をしていない。これは、銀素材そのものの高いクオリティを背景としたスタンスであろうし(そもそもの素材があまり銀くさくないのだろう。Argento Audioのトップラインにも同様のクオリティが期待できる)、だからこそ金の使用量は最小限、且つ銀素材のもつ物理特性の高さを最大限に追求できているのだろう。最高クラスの銀プラスαがそこにはある。銀素材そのものの良さと、長年の研究のいずれを欠いても、成り立たないスタンスだ。

総じて、2013年現在、Siltechの銀素材研究・運用ノウハウは、業界でも頭ひとつ抜けており、他の追随を許さないと言っても差し支えはないだろう。

2.最高クラスのスピード感

その卓越した技術力の恩恵として最も大きいものが、スピード感であろう。もちろん、オーディオ的な観点からすれば、伝達速度が高いからといって必ずしも良い音が出るわけではなく、そもそも論として最終的なスピード感の良し悪しの判断は好みの問題である、というのは一理あるが、もたつかなさや正確なスピード感という点において、SNOW LAKE G5はかなり優秀なケーブルであろう。分かりやすく言うならば、速い音は速く、遅い音は遅く、正確に再生できる。もっとも、Purist Canorusにあるようなまったり感や低音の重さは出ないし、時にはそれが軽さや味気なさに繋がりもするのだろうが、どんな曲でももたつかない点と速い・遅いメリハリがきちんと出せている点は、ここでは優れた特性として評価する。

3.情報量の豊かさ

銀を用いたケーブルを使ってみると音の数が増えた、という経験は多くの方がお持ちではないかと思うが、このSNOW LAKEもその例に漏れず、音の数は増やしてくれる。あとは、情報コントロール力とのバランスを考えて、導入の是非を判断すればよいだろう。

[ポジショニング]

予め申し上げておくと、どのインコネをどこに入れるのがベストな選択肢であるかは、一般論以上に具体的なシステム構成からお考えになるべきで、こちらでの説明はあくまでついでのものであることをご理解願いたい。以下、本文。

個人的には、上流での使用を勧める。多くの方はどうしても、出口に近いポジションに音楽性を求めるだろうし、上流に入れた方が物理特性の優位を感じやすい(縁の下の力持ち、といったような)。無論、このSiltechの音色が好みの方は下流に入れても全く問題ないと思うが、国内市場の動向からしてもおそらくNBSやSTEALTHのような個性派を志向される方が多いように思ったので、このように述べた。

[主な比較対象]

STEALTH Indra V.10(ライバル)

STEALTH Sakra XLR(格上のライバル)

STAGE III CONCEPTS A.S.P. Reference GRYPHON

Purist Audio Design Canorus 20th Aniv.