IMG_0752

※写真は便宜上、最も新しいバージョンのものを掲載しています。

★概要

NBS BLACK LABEL A/C CABLE(ブラック・ラベル)は、アメリカのNBS Audio Cables社が製造する電源ケーブルである。NBSケーブルの中でも最高級ブランドであるBLACK LABELシリーズの初代にあたるケーブルであり、凶悪な取り回しの悪さと個性的すぎる音がゆえに、ケーブル沼に片足を突っ込めば一度は耳にするであろう超有名ケーブルである。兄弟分の機種としてはBLACK LABEL IIそしてBLACK LABEL IIIがある。また、直接の後続として、NBS BLACK LABEL +というモデルが販売されている。

不思議なことに、本国よりも日本や中国でむしろ人気にあるモデルであり、ビジネス的にもアジア圏で成功している。また、偽物が出回っているという噂が絶えないことでも有名であり、NBS自らが偽物ケーブルの回収に乗り出しているというような一面もある。

また、最近より本国のディーラーを通じて安価に入手できるようになったが、安価に販売されているものは、過去に高級品として生産されたモデルや原稿のBLACK LABEL +と比べ、音質面で劣るという評価もある。

[価格]

MSRP:5,000USDだが、値下げ幅が大

[Specification]

非公開

[参考サイト]

旧モデルにつき、現在はサイト無し。

[外見・取り回し]

ケーブル(電線)とは思えないほど太くてゴツい外見をしており、純黒の被覆もあいまって、見た目からしてその「只者でなさ」が伝わってくる。

そんな先入観をもってしてもこのBLACK LABEL(以下、初代BL)の取り回しの悪さを予測し切るのは難しいだろう。その凶悪さは、歴史的にもほとんど例を見ないレベルであり、初代BLを1本配置替えするだけで、相当な気力と体力を必要とするほどである。ちなみに、初期のモデルの方が中~後期のモデルよりも多少なりとも取り回しが良いようである(後期モデルは、末端部の壊れやすさが気になる)。

★音質レビュー

[概要・タイプ]

超が付くほどの音像型ケーブルであり、音像表現については実力・個性共に際立っている。まず、音像の実体感は極めて強い。世界最強ではなかろうかとすら思う。その強さは、高域にゆくほど際立っており、高域は引き締まって、そして低域は分厚くという低重心・ピラミッド型の典型である。しかし、初代BLの恐ろしい点は、その分厚い低域にスピード感があり、解像感にも優れる点である。はっきり言って、厚みと重みに関して初代BLに匹敵するケーブルは他にもあると思うが(Kubala-Sosna Elation!やトラペPLMM2Xなど)、ヴォリュームをものともせずにガンガン加速する低域は初代BLの強みである。

また、音色については、巷で言われるような超暖色とは思わない(Shunyata King Cobra CXやAural Symphonics Magic GEM v2tなどとの比較から)。むしろ陰影感が豊かでダークな音色が特徴で、特に高域の温度感は控えめだと感じる。この硬さがあり陰影感が豊かな高域は独特の悲壮感を醸し出しており、アグレッシヴな内容のロックやメタルなどと相性がよい。

 

[基本性能]

基本性能総合: ハイエンド上級

解像感:4.5

情報量:4

S/N感:4.5

情報コントロール力:4.5

周波数レンジ感:4.5

帯域バランス:4

汎用性:2

音の分離感:4.5

(評価:MAX>5>4.5>4>…>1)

国内では、同じく超有名どころであるNORDOST VALHALLAやSTEALTH DREAMを凌ぐトップエンドのケーブルとして語られることが多いが、確かにその評判に違わぬ基本性能の高さを誇る。レンジの広さとS/N感については、確かにVALHALLAやDREAMを凌ぐ水準を保っている他、音像の解像度や陰影感に対するこだわりにも相当なものがあり、多くのハイエンドケーブルから見上げられる存在である。また、一音一音のコントロール力は非常に強大なものがあり、ステージ全体を支配しようとする強い意志を感じる。

反面、主に周波数レンジの広がりと解像感について後続のBL IIに劣るなど、同じBLACK LABELシリーズの中では実力派というよりは個性派というべき存在であり、唯一無二の音像表現がゆえのファンも多い。

また、お世辞にも汎用性が高いケーブルとはいえない点には注意が必要であろう。初代BLの個性について詳しくは下で述べたいが、間違ってもニュートラルな存在ではない(よりバランスを意識しているBL IIですら、ニュートラルとは言いがたい)。

 

[主な特徴]

1.極めて実体感が強く、陰影感あふれる音像表現

既に殆ど語り尽くしてしまった感があるので、こちらについては割愛したいが、唯一述べておくべきこととして、極めて強い高域の実体感についてである。我々の知る数十本の電源ケーブルの範囲内ではあるが、初代BLの高音は、他のいずれのケーブルとも隔絶したレベルの実体感を備えていると感じる。この高音は、ある種の麻薬的なものであるため、導入時には注意が必要であろう。また、半数以上の人はこの高音を硬すぎると感じるであろうし、導入前はなるべく自宅試聴されることを勧めたい。

2.極めて強大でありながら、スピード感を兼ね備えた低域

上でも述べたが、初代BLの低域は優れたレンジ感・解像感、そして十二分な厚みを誇りながら、スピード面における劣位を感じさせない。低域表現における強大さとなめらかさの両立は、BLACK LABELシリーズの他機種やBMI OCEANIC STATEMENT、あるいはアレグロにも通じるものがあり、初代BLの低域がホンモノであるということを実感させる。なぜこのような音が出るのかは技術者ではない我々にはわからないが、仮にBLACK LABELシリーズの各種ケーブルが本格的に日本国内に雪崩込めば、低域表現をウリにしている国産ケーブルは壊滅的な打撃を被ると思われる。

[ポジショニング]

BLACK LABEL II、IIIの構造やネット上に出回ったレントゲン写真などから考えるに、この初代BL非常に太い導体のケーブルであるため、まずもってパワーアンプへの使用は望ましいと感じる。例えばNORDOST VALHALLAやSTEALTH DREAM V.10などと比べると、より悠々とウーファーを駆動してくれる。

解像感・レンジ感共になかなか良いが、音数があまり多くないのと、プリやデジタル機器に使用するならばもっと良い選択肢はあると思うので、性能面からトラポやDACの電源に採用するべきではないと考えている。また、重くて取り回しも悪いため、下手に軽量級の機器に繋ぐと、接続部に負担をかけて傷めたり、あるいは使用中に何かのはずみですっぽ抜け、機器の電源部を破壊したりしかねない(実際、メンバー宅のNo.32Lを破壊した)ため、その意味でも軽量の機器に使用することは勧めない。仮に採用するならば、初代BLの音がたまらなく好きであり、既にパワーアンプや壁に採用してしまったが、それでも物足りないという場合ではなかろうか。