IMG_2481

【イントロ】

 本レビューはSpectralのセパレートアンプに用いるRCAケーブル3種類、具体的にはTRANSPARENT OPUS MM2、MIT ORACLE MA-X2、Stage iii Concepts A.S.P. Gryphonの3種を、システムとの相性を可能な限り排し、客観性を意識して比較したレビューである。

 この3種類のインターコネクトケーブルを聴き比べた背景には、Spectralのプリアンプとモノラルパワーアンプに合うケーブルを探していたことがある。巷では、Spectralと言えばMITが鉄板でそれ以外の選択肢は無い、みたいな語られ方をすることが多いように思われたが、個人的には自分で聴き比べるまでは納得がゆかなかった。特に、超高性能で汎用性も優れるTRANSPARENT OPUSの存在を知っていたからこそ、聴き比べてみたうえで相性の問題を語りたかったというのもある。

 結論だが、SpectralのアンプにはMITのケーブルがよく合う。はっきり言って、ピカイチである。これは、MITのケーブルが他社のケーブルにはない「Spectralアンプの欠点を補う役割」を果たしているからだと考える。尚、Spectralのアンプに関するレビューはこちら

 話が逸れたが、本レビューではシステムとの相性の良し悪しはさておいて、TRANSPARENT OPUS MM2、MIT ORACLE MA-X2、Stage iii Concepts A.S.P. Gryphonの3種を、様々な評価指標を用いて比較レビューしたものである。いつもに増して長いやもしれないが、お楽しみいただければ幸いである。

【取り回し&外見】

IMG_2478

 まず、OPUSとORACLE MA-X2は、箱の両端から細長いケーブルを伸ばした形状をしている。OPUSの箱はカーボン製、ORACLE MA-X2の箱は金属製で、ORACLE MA-X2の方が重い。対するGryphonは、ケーブル全体のシールドを厚くしたモデルで、重量的にはOPUS以上ORACLE MA-X2未満といったところである。

 取り回しについてはOPUSが最も良い気がするが、MITも箱の部分をきちんと置けるなら、線体の取り回しは良い(箱を置けるかにかかる)。Gryphonはシールドがそれなりに厚いことから、取り回しはそこそこである。

【総論(評価サマリ)】

 熱気とエネルギー感で押すORACLE MA-X2に対し、俯瞰的スタンスのOPUSとGryphonといった違いがある。ORACLE MA-X2の音はケーブル界全体でみてもやや特殊もとい特効薬的なものだと言えるだろう(似たような例としてNBSなどがある)。その温度感は極めて高く、インパクトも強い音だ。大げさかもしれないが、火山弾が飛んでくるような印象を受ける。

 対するOPUSとGryphonだが、両者の違いはORACLE MA-X2とのそれに比べると小さく、似た者同士と言えるだろう。ただし、OPUSの方が低音がふくよかでどっしりと構えた音なのに対し、Gryphonの低域はややシャープでスピーディな印象を受ける

 音場&音像について述べると、音像を前に出してくるORACLE MA-X2、横の広がり重視のOPUS、奥行き重視のGryphonといった印象だ。この辺りは三者三様に異なっている。

 ダイナミックレンジ&周波数レンジについて述べると、OPUSが比較対象を引き離している。他のケーブルでは聴こえないような音が聴こえると感じられるのは、この辺りの性能によるものなのであろう。

 繰り返しになるが、Spectralに組み合わせるならばORACLE MA-X2がよい。OPUSやGryphonを組み合わせると音がやや暗くなるし、音場が後方展開しすぎるからだ。

 しかし、システムによっては全く逆の結果になるだろう。例えば、筆者はPASSのセパレートアンプも所有しているのだが、こちらはORACLE MA-X2よりもGryphonの方がよく合う。この辺りがケーブルの難しさというか、一筋縄ではいかない部分だろう。

【各論(音源ベース評価)】

 各論は、音源ベース評価となる。3種類のケーブルを入れ替えながら、曲や楽器がどのように表現されるかをレビューする。

Eiji-Oue-Minnesota-Orchestra-Exotic-Dances-From-The-Opera-SACD

 1曲目はクラシック。曲は、Tchaikovsky: Cossack Dance from Mazeppa。Reference Recordingsによるハイレゾ音源。圧倒的な躍動感と軽やかさ、そしてスケールの大きな表現が魅力的な音源。

 まず、躍動感はORACLE MA-X2の独壇場。ウーファーがブンブンいう様子が実に印象的だ。ここに、スピードと高音域の軽やかさで奮戦するGryphon。圧倒的なスケール・雄大さで魅了するOPUSという構図。

 ヴァイオリンのキレや伸びやかさはOPUSとGryphonがORACLE MA-X2を上回っている。Gryphonはスピードがあるという意味でキレがあり、OPUSはシャープだという意味でキレがある。ORACLE MA-X2は聴感解像度は高いがキレを前面に出しはしない。

 また、ヴァイオリンの温度感&艶感についてだが、最も熱気あふれるのはやはりORACLE MA-X2。また、OPUSとGryphonならOPUSの方が温度感は高い。艶についてはGryphonが豊か。

 続いて、ティンパニの表現について。最低域が最もクリアーなのはOPUS。厚みも、OPUSが最もある。GryphonはOPUSに比べるとシャープで、ORACLE MA-X2は躍動感とインパクトで魅了する。

 連打の音離れが最も良いのもOPUS。聴感S/Nが頭ひとつ抜けている。Gryphonも、かなり高いレベルでこれに追従する。ORACLE MA-X2はむしろ、腹にくる一音一音で魅了するタイプ。

 最後に管楽器について歯切れが最も良いのはGryphonで、高音域のスピード感が一番ある。細やかな表現のテンポが良い。OPUSも、スピードはさほどでもないものの、シャープで歯切れの良い音。ORACLE MA-X2は、歯切れというより音の濃さが魅力的。凝縮感がある。

 最後に、笛の温度感。やはり最も温度感が高いのはORACLE MA-X2。男っぽい音で、ゴリゴリいう感じ。逆に、Gryphonは女性的でしなやかなイメージだ。OPUSは最も中庸に近い音だと思う。

TheEagles_HellFreezesOver(CD)

2曲目はロック。曲はEagles – Hotel California Live (Hell Freezes Over 1994)。アコースティックギターの多用を特徴とするライブ音源で、とても録音がよい。詳しい人間ではないが、筆者がこの曲から感じるのは歪み、危うさ、退廃といったイメージ。

 この文脈で述べるなら、OPUSが一番ダークな音で、退廃的な雰囲気に合っている。Gryphonは、微妙に冷涼・艶やかで、エロティックな聴こえ方をするし、

ORACLE MA-X2は正面から熱血に聴かせる印象で、最も健全なイメージだ。

 ドン・ヘンリーのヴォーカルは、ORACLE MA-X2が最も良い。男性ヴォーカル特有の力強さをきちんと再現している。OPUSは中庸で、正しい音という印象。Gryphonはややしなやかで女性的な表現になる。

 ヴォーカルの他楽器とのバランスでいうと、最もヴォーカルが実在感を放つのはORACLE MA-X2。OPUSやGryphonは冷静な立ち振る舞いを見せ、他の楽器との調和を重んじる。

 次に、打楽器(ボンゴドラム)の表現について。ORACLE MA-X2のボンゴドラムはノリノリなリズム感である。Gryphonは冷静に速い。OPUSは、両者ほどリズムにこだわった音作りはしていないように感じる。

 最も連打の音離れが良いのも、OPUS(ティンパニの説明でも述べた)。Gryphonもかなり良い(ティンパニとボンゴの帯域の違いが関係しているのかもしれない)。ORACLE MA-X2は音離れを魅力とするケーブルではない(Spectralシステムの中では、アンプ側が担当する要素である)。

 最後にアコースティックギターについて。明瞭さ、張りの有無がポイントだ。ベクトルは異なるものの、OPUSとGryphonが同レベルで明瞭。鮮烈という表現がよく合うOPUSと、緻密という言葉がよく合うGryphon(聴感解像度がというより、音のイメージの話である)といった図。ただし、やはりここでもORACLE MA-X2の熱気は際立つ。聴いていてテンションが上がる音というなら、これだ。Gryphonはやや冷涼かつ艶やか。OPUSは見事に中庸だと感じる。

 余談だが、この音源には聴衆の拍手やシャウトも含まれるが、聴衆の熱気を再現してくれるのは、なんと言ってもORACLE MA-X2だ。溢れんばかりのエネルギー感が魅力的。同じリアリティの追及でも、OPUSやGryphonは、広めのステージに拍手音や擦れ音ひとつひとつを聴感解像度高めに定位させる点が魅力的。MI0000648477

 3曲目はジャズ。曲はCount Basie – April In Paris。前向きさ、明るさ、リズム(ノリ)のよさが魅力的な音源。

 この曲の表現は、ORACLE MA-X2の独壇場だと考える。最も明るく、リズミカルな聴かせ方をしてくれる。トランペットは元気に前に出てくる。Gryphonは、クリアーでややドライ。シンバルが強調される印象だ(耳に刺さるわけではない)。OPUSは温度感は中庸で各楽器のバランスが良い。ただ、トーンはややダーク。

 まず、管楽器(主にトランペット)の表現について。刻むような歯切れの良さは、Gryphonが得意とするところ。スピードがある。OPUSやORACLE MA-X2の方が、少しばかり音の切り返しが遅いやもしれない。

 トランペットの張りは、ORACLE MA-X2が最もある。ゴリゴリした音が、弾力感をもって聴こえてくるイメージだ。OPUSやGryphonはあくまで、しなやかさを備えつつも音の張りやパンチについては中庸かやや控えめな程度。

 続いて、打楽器(ドラム&シンバル)。まず、ドラムのリズム感&スピード感について。Gryphonは無駄なくスピーディにまとめてくるタイプで、ORACLE MA-X2は弾力感たっぷりで躍動的。OPUSは、量感と解像度を超高次元に両立しつつも、スピードは両者に劣る。

 シンバルの表現は、ORACLE MA-X2が最もウェット。艶があるというより水気があるイメージ。Gryphonは温度感低めでやや艶やか。OPUSは温度感はそれなりにありつつも、ややドライ。

 シンバルの聴感解像度は、OPUSが頭一つ抜けている印象。打音がほぐれる感じが気持ち良い。Gryphonは緻密。一音一音ピシピシと決めてくるイメージ。ORACLE MA-X2は、打音のインパクトが最も強い。熱気や迫力が必要な場合は、これだろう。

 最後に、弦楽器(ベース)の表現について。OPUSとGryphonで聴くベースは静的だ。Jorma Primeなどのようにビシビシ締めるわけではないが、決めるところで決めるイメージの音。ORACLE MA-X2のベース動的。躍動的でブンブンいう感じが楽しい。

 音階の描き分けも、OPUSが頭一つ抜けてうまい。GryphonやORACLE MA-X2を含め、世のほとんどのケーブルは、OPUSと比べて音階が不明瞭になるだろう。それくらい驚異の明瞭さが魅力的。 51FlEWmpMvL

 4曲目もジャズだが、こちらは女性ヴォーカルものだ。曲は、Norah Jones – Don’t Know Why。伸びやかなヴォーカルが魅力的な曲であり、同時に、後悔や切なさといった女性的でウェットなテーマも含む一曲だと認識している。

 これらを最も再現しているのは、やはりOPUSだろう。GryphonやORACLE MA-X2は、方向性は異なれど、いずれも真っ直ぐな音のケーブルなので、この曲にある独特のダークネスを引き出そうとするとOPUSが最良の選択肢だと思う。

 まず、女性ヴォーカルの温度感&艶感について。いつもの評価だが、トータルバランスのOPUS、熱気と迫力のORACLE MA-X2、艶感と透明感のGryphonと言ったところ。Spectralにおいては、最も美しく聴こえるのはORACLE MA-X2だが、一般的な機器ではOPUSが良いはず。また、ノラのヴォーカルの澄み切った質感に着目し、良さとして引き出したいならば、Gryphonが最も良い選択肢であるやもしれない。

 ヴォーカルの伸びやかさについても、やはりOPUSがうまい。GryphonやORACLE MA-X2に比べて、超高域(&超低域も)がよく出ている。ヴォーカルにおいては、上までスッと伸びていく描写が印象的である。

 続いて、打弦楽器(ピアノ)の表現について。具体的には、リズム感&スピード感(音の立ち上がり&立ち下がり)について。スピード感の点で正確なのはGryphon。一音一音を刻むような精度で再現してゆく。一方、ピアノが躍動的でリズミカルなのはORACLE MA-X2。一音一音に踊るような躍動感があるのが魅力的だ。

 なお、音像を膨張させず、3次元空間に適切に定位させる能力に最も長けているのはOPUS。ヴォーカルとのバランスも良く、特別な理由がなければこれを選ぶことをオススメしたい。

【まとめ】

 初代OPUS MM XLRを他のバランスケーブルと比較した際は、無敵かと思えるほどの音質の良さを発揮したが、今回は比較対象や比較環境がこれまでとは異なっていたことから、OPUSの利点・欠点が見えてきて面白かった

 OPUSの強さの根源は、圧倒的な聴感S/Nと周波数レンジ、そして広大な音場とニュートラルな音色がもたらす原音忠実性だろう。原音忠実が求められる局面においては、現時点で無敵と言うべき存在だ。

 一方で、ケーブル側に強烈な温度感やスピード感を求めるシステムにおいては、巷の評判ほどの活躍を見せない可能性が高い。温度感が求められる場合はORACLE MA-X2の方が、スピードが求められる場合はGryphonの方が、むしろ活躍するであろう